千葉 リフォーム
ケアフル電話番号 ■サイトマップ

2013年10月の投稿一覧

リノベーションリフォームという選択肢

リノベーション
最近、雑誌やネットでも目にするようになってきた「リノベーション」という言葉。
日本ではここ数年の間でじわじわ広がってきていますが、ヨーロッパではリノベーションが当たり前のように行われています。
ヨーロッパなどの古い建物は、100年以上に及ぶ物も珍しくありません。
その古い建物でも快適に過ごせるように、住み手によって部屋がアレンジされています。
その繰り返しによって、一つの建物でも永い間、人々に利用されるということになります。

近年の日本でも、既存住宅の有効利用が少しずつ浸透してきています。
その関係で、古いマンションや住宅もリフォームして住む人が増えてきました。

しかし、昔の間取りや設計では現代の生活習慣に合わないケースがあります。
玄関が狭かったり、お風呂やキッチンが狭かったりなどです。

そのことから、単なるリフォームでは満足しない人たちが表れ始めて、ヨーロッパのリノベーションが取り入れられ始めました。
リフォームとは違い、リノベーションは建物の構造体のみを残し、間取りなどを一旦リセットします。
そしてその限られた空間の中に、新しい部屋を描いていきます。
マンション等では、3LDKだった部屋を1LDKにしたりして、リビングを広めにとったり、お風呂を1坪タイプから1.5坪タイプに変更したり、住み手の好みに合うように部屋を作ることができます。
その結果、もともとあった建物の価値以上の物が生まれて、まったく新しい価値が生み出されます。
その行為をリノベーションと言われています。

リノベーションにかかる費用は、リフォームに比べて高額になるケースが目立ちます。
しかし、中にはキッチンやお風呂、収納を既製品に頼らずにオリジナルで施工し、予算を抑えているケースも見受けられます。
自分たちの身の丈にあった家が作れることも、一つの魅力といえそうです。
リノベーションを成功させるポイントとしては、柔軟な発想と業者さんとのチームワークです。
お互いを理解し合って、リノベーションを進めるといい物が出来上がります。

千葉リフォームブログ関連記事:

リノベーションの意味やメリット

千葉県での古い施設のリノベーション工事について

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

スタイリッシュなリフォームが人気です!

スタイリッシュ
家をリフォームする時に、最近は個性を優先するケースが目立ってきました。
一昔前のリフォームは、既製品のお風呂や洗面所を用いてリフォームを行っていましたが、最近は既製品では無く、スタイリッシュなリフォームを希望されてる方が増えています。

実際にリフォームの技術も向上し、そうしたお客様の要望に柔軟に応えられるように今はなってきています。小さいところでは、洗面やトイレの壁にタイルを施して個性を出したり、収納棚を造作で作られたり。中には、お風呂をユニットバスではなくて、浴室壁をガラス張りにして開放感を出しているお宅もあります。今は「お客様がデザイナー」になる時代なのかもしれません。

ただ一点注意しないといけないこととしては、デザイン性と機能性は相反する場合が多いことです。例えばガラス張りのお風呂はオシャレですが、掃除が大変です。水垢が目立ちやすく、掃除を怠ると汚れが取れなく恐れもあります。タイル張りの洗面などもおしゃれですが、目地に付いた汚れは取りにくいです。そのため施工当初の清潔感を保つのにはそれなりの苦労が伴います。

また費用も既製品に比べて割高になります。一見、造作の棚も材料がシンプルであれば安そうなイメージはありますが、造作に手間がかかるために思ったより高くつくケースもよくあります。
しかし、収納棚などは既製品では寸法が限られているので、造作品の方が家のスペースを無駄なく使えて結果的にはいいかもしれません。また人が作ったものは、工場で作ったものと違って愛着が湧きます。そうした付加価値も造作の特徴かもしれませんね。

自分の家をスタイリッシュに見せる最大のポイントは、物を目に見えるところに置かないことでしょう。
冷蔵庫にチラシやメモを貼ったり、キッチンの上に調味料などが置かれていると、どんなにかっこいいキッチンでも目劣りしてしまいます。安くて簡単なスタイリッシュ方法は、案外「片づけ」かもしれませんね。

こういった、スタイリッシュなリフォームをしたいという方は、是非当社にお問合せ下さい。ケアフルでは皆様にご満足頂ける様な施工をご提供致します。

千葉リフォームブログ関連記事:

キッチンリフォームを自分で行える箇所

リフォームの必要性について

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

耐震補強の種類と役目

地震大国日本では、地震と上手に付き合って生活していくしかありません。今日はそんな、住宅の耐震補強についてご案内致します。

建物の地震に対する耐久性や対策は非常に重要です。地震はいつ何時起こるか想定がつきません。そのために、就寝中に地震が襲ってくるかもしれませんし、家族で団らんしている時に地震が起きるかもしれません。そんな時に頼りない家では、建物が崩れて、大切な命が奪われる危険があります。そのようなことが起きないように、現在国を挙げて建物の耐震化を進めています。

建物の耐震性を決めるポイントは、5つあります。
・地盤・・・地盤が軟らかいと良く揺れる可能性があります。
・重量・・・瓦の屋根などは重く、建物が良く揺れる可能性があります。
・壁 ・・・地震に耐えられる壁かどうかチェックすることがお勧めです。
・床 ・・・床の状態によっても家の揺れが違います。
・接合部・・木造住宅では接合部に地震の負荷が集中しやすい傾向にあります。

また昭和56年6月以前に建てられた建物は、耐震基準が甘く、大きな地震に耐えられない可能性があります。
ビルトインガレージを設けている家では、一階の壁が少なく耐震性が劣る可能性があります。
その他にもいくつか耐震性を決める要素はありますが、心当たりのある方は一度、耐震診断を受けてみることをお勧めします。全国の数多くの市町村で、格安で耐震診断が受けられるように行政がバックアップしてくれています。また行政関係の耐震診断であれば、診断結果にも信憑性をもてます。

耐震性が劣る場合は、いくつかの補強を行うことによって、家が強くなります。建物の基礎の補強や柱の接合部の補強、壁の補強、床面の補強、屋根の軽量化などです。本格的に補強工事をする場合は、床をはがしたり、壁を壊したりと大々的な工事が必要になりますが、壁の外側から鋼材で壁を補強する方法もあります。学校などに用いられている耐震補強の工事になります。

こういった耐震補強の工事もいつでもお問合せ下さい。
丁寧な施工をケアフルはご提供致します。

千葉リフォームブログ関連記事:
地震の際の屋根の修理について
耐震リフォームで知っておきたい事

サイドバー2


上に戻る
お問い合わせはこちら

千葉ケアフルリフォーム
【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
TEL.
0120-017-246

【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

千葉県内のリフォームの事はいつでもお気軽にご相談下さい

安心価格で千葉県内のリフォームを丁寧にご提供させて頂きます!
千葉県内で一戸建てやマンション、店舗の内装工事やビルのリノベーション工事まで幅広いリフォームを安心の明朗価格でご提供しています。
是非他社と比較検討下さい!お安くしっかりとした施工内容で満足の行く施工をお約束致します。
ハイクラスなリフォーム、リノベーション業者を千葉県でお探しなら是非ご一報ください!

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室
会社のご案内個人情報の保護について | サイトマップ | ご相談・お問合せ
© 千葉 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.