ご自宅の安全性を確認する方法をご紹介致します

点検
建物の性能を客観的に判断する指標として「住宅性能表示」があります。

【住宅性能表示とは】
これは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいて、戸建住宅やマンションの性能を評価する制度です。
住宅の性能評価を第三者機関が、耐震性や省エネ性、防犯性などの10項目を評価します。
住宅の質の向上を高めることにこうした性能表示が活用されています。
平成12年にこの制度はスタートして、当初は新築に限った制度でしたが、平成14年より既存の住宅にも利用されるように制度が改定されました。
既存の住宅の場合は、中古住宅の流通性だけでなく、リフォームの面でも役立ってきます。
性能を評価する団体は、利益追求型ではなくてチェックすることに重きを置いています。
そのため安心して建物をチェックしてもらえますし、信頼もできます。
リフォーム前にチェックしてもらうと、必要な修繕個所や家の傷み具合が見えてリフォームの参考になります。
検査項目としては「基礎」「屋根」「床」「天井」「階段」「バルコニー」「雨どい」などの基本的なものに加えて、オプションで腐朽などの現状や蟻害状況、ホルムアルデヒドを含むVOC濃度の測定ができます。

【点検に掛かる費用の目安】
既存住宅の場合にかかる費用は、基本的な点検だけであれば50,000円程度、蟻害などを含めた場合は90,000円程度とあり、建物の延べ床面積によっても変わってきます。
ホルムアルデヒドの検査は、約60,000円で行えて、それ以外のエチレンやキシレンなどの化学物質の検査を含めると約70,000円で行えるようです。
それなりの費用は掛かってしまいますが、ご自宅の環境をチェックすることができます。
もし家族に健康状態が好ましくない方がいれば、一度家の様子をチェックするのもいいかもしれませんね。
もし生活上好ましくない数値が出れば、その原因を取り除き、適切にリフォームすると家族が安心して住めるお家になりますね。

中古の住宅を取得する際や古いお家にお住まいの方は、住宅の目安としてこうした「住宅性能表示」を活用すると有効とも言えます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

ご自宅の安全性を確認する方法をご紹介致します” に対して1件のコメントがあります。

  1. 前島 より:

    息子がアレルギー持ってるので検査でもしてみようかなぁぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA