壁にヒビ割れを見つけたら注意が必要です

ひび
全国各地で地震が相次いでいる現在、多くのご家庭で積極的に耐震性の強化を図るためのリフォームを実施されています。
耐震性の基準がさらに高まってきた現在、想定外の大地震に備えるためにも、きちんとリフォームをして住宅への被害を最小限に抑えることが大切です。
ちょっとした揺れで壁にヒビが入ってしまうこともあります。
このヒビが原因となり、ところどころが弱体化してしまい、住宅全体の耐久性が欠けてしまうこともあります。

そのような壁のヒビ割れってとっても気になるものですね。
地震による影響はもちろんのこと、特に新築から1~3年経過するだけでもヒビが出てきてしまうものです。
窓廻りの壁、入り隅の部分にちょっとしたすき間が出来てしまったり、時に斜めにヒビ割れが起きてしまうこともあります。
これらのヒビ割れというのは、下地に使用されている木材が乾燥したり、また収縮することによって引き起こしてしまうケースが多いですが、最近の住宅というのは乾燥材が一般的に使用されてきており、ヒビ割れは以前より少なくなってはきていますが、やはり完璧には防ぐことが出来ません。

【木材の乾燥具合とは】
木材の乾燥具合については「含水率」を調査することになりますが、下地に使用している木材の含水率については15~18%が理想であり、これ以上に高い含水率となってしまいますと、収縮が発生してしまいます。
下地の木材が収縮してしまいますと、石膏ボードの継ぎ目が開いてしまうことになり、それが原因となって壁のヒビ割れに繋がってしまいます。

【ヒビ割れを見つけたらすぐにご連絡を】
多くの人が壁にヒビ割れが起きてしまうと、変形してしまっているのか?と考えてしまうかもしれませんが、このような理由が原因となりますので、変形の心配はそこまでする必要はありません。
もしヒビ割れを見つけたら、そのまま放っておかずに、是非一度当社にご相談下さい。
もしかしたら、ヒビ割れの原因が別の部分にあり、滅多に無いことですが、住宅の倒壊を招いてしまう前兆の可能性も考えられるのです。
当社のリフォームの匠がお客様のご自宅の点検をさせていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

壁にヒビ割れを見つけたら注意が必要です” に対して1件のコメントがあります。

  1. こじまん より:

    なんだか家のヒビが気になってきました。
    もしかしたら相談させていただきますので、そのときはよろしくお願いします。

  2. 木戸 より:

    木材の感想具合とか目で見てもわからないものだから、業者さんに点検してもらうのが一番ってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA