書斎を作るためのリフォーム方法をご紹介致します

書斎
書斎として使用することの出来る余分な部屋が無ければ、例えばリビング、または寝室の一角に、間仕切り家具を設置するようにリフォームをすることで、とっても手軽に書斎として使用することの出来るスペースを作ることが出来ます。
間仕切り家具というのは、背を高くすることによって、独立感が向上し、逆に低くすることで解放感が生まれる優れものです。
目の高さまでの間仕切り家具でしたら、個室感覚で落ち着いた空間を作ることが出来ます。
また背板が無い家具を利用することによって、風通しも良くなり、これなら壁で完全に仕切ってしまうようなリフォームとは異なり、部屋を狭く感じさせることもありませんので、ゆっくりと落ち着くことの出来る書斎を作ることが出来るのです。

【間仕切り家具の注意点】
このような間仕切り家具というのは、本来壁の厚みでデッドスペースとなっている場所を収納として使用することが出来ますので、空間を有効的に利用することが可能です。
小さなスペースになりますので、その分高効率な空間作りを目指すことが大切です。
ただし間仕切り家具ではなく、普通の置き家具を使って間仕切りにする場合には、地震によって倒れてしまわないように、耐震器具などを使ってきちんと補強をする必要があります。

また中には書斎を欲しいと考えているけどその為のスペースが見つからないと思うこともあるでしょう。
しかし意外と家の中にはまだまだ有効活用することの出来るスペースが残っていることがあります。
そのような未活用空間とも呼べる場所を利用した書斎のリフォームを検討してみてください。
例えば小屋裏を利用していないのでしたら、その空間を利用することによって、ロフト型で書斎を設置することが出来ます。

【収納部屋となっている和室を書斎にすることも可能です】
また和室を再活用することによって書斎スペースを作ることも出来ます。
最初は客間として使用するために作った和室が、今では収納部屋となっているといったケースがよくあります。
この場合にも間仕切り家具を利用することにより、書斎を作り出せます。

もし、ご自宅の構造などに不満があったり、部屋を変えたいとお考えの方は是非一度当社までご相談下さい。
当社のリフォーム専門スタッフがお客様のご自宅に訪問をさせていただき、お客様のご要望に合わせたリフォームプランをご提案させていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

書斎を作るためのリフォーム方法をご紹介致します” に対して1件のコメントがあります。

  1. 西村 より:

    うちも書斎ほしいんですけど、空いてる部屋が和室なのでマットを敷いて机おこうか、リフォームしようか検討中。他にいい方法ないですかね。

  2. かわはた より:

    家内が許してくれたら書斎が欲しいです。
    交渉だけでもしてみようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA