窓の断熱化方法を2つご紹介させていただきます!

断熱化
2重窓という構造は、5,6年前からテレビコマーシャルなどで目にするようになりました。
トステムさんのインプラスやYKK APさんのプラマードU等が有名でしょう。
気軽に窓の断熱化を図れるということで、プチリフォームを主に多くのお宅で設置が進みました。

【2重窓のメリット】
この技術としては、こういった商品が販売される前からありました。
断熱効果もありますし、防音効果としても高い性能を発揮していました。
特に大きい道路や線路に面したお家では、家の中にいてもトラックや電車が通るたびに騒音のストレスを感じてしまいます。
しかし、2重窓にしておけばそうしたストレスが軽減されるということですね。
東北などの寒冷地に行くと、窓だけでなく玄関も2重にしているお家屋お店があります。
暖かい室内の空気を外に逃がさないだけでなく、一つ目の玄関で雪や土埃を払うことができます。
実に合理的な設計といえるでしょう。
廊下やトイレが寒くて全館空調を考えている方などには一つの参考になるかもしれませんね。

【真空ガラスで断熱化】
2重窓の設置については、室内側に新しく設ける窓枠分の設置スペースが必要になります。
このスペースがない場合は、2重窓は設置できないかもしれませんが、別の方法で窓の断熱化を図ることができます。
一つは真空ガラスに交換することです。
通常のガラスとは違って、ガラスないに真空の膜があります。
このことで窓の断熱化が高まり、尚且つガラスの厚みも大きくならないために既存のサッシにも取り付けることができたりします。
ただし、窓のサッシも従来のスチールなどでは結露がしやすいために、断熱性の高い樹脂製の物などが勧められますね。

住宅の熱損失の一般的な割合は、外壁から3割、窓やドアから3割、換気から3割、その他から1割といわれています。
窓は住宅の熱損失の3割も関わっていますので、2重窓もしくは他の方法で対策を講じると、エアコンなどの利きがよくなったりして、光熱費の節約にもなります。
2重窓や真空ガラスをリフォームで導入したいとお考えの方は、是非一度当社にご相談下さい。
当社の内装専門スタッフがお客様の元へお伺いさせていただいた上で、お客様のニーズに合わせたリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

窓の断熱化方法を2つご紹介させていただきます!” に対して1件のコメントがあります。

  1. なつみ より:

    真空ガラスってはじめて聞きましたけど、断熱化に効きそうですね。割れたらどうなるんだろう。

  2. 星野 より:

    実家が二重窓なんですが確かに暖かい気がしますね。
    それに比べうちの窓際は、、、寒いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA