リフォームの際に気をつけたいシックハウス症候群とは

ペンキ
シックハウス症候群が流行ってから10年以上になりますが、未だに天然素材系の材料には高い需要があります。

【シックハウス症候群の症状】
シックハウス症候群は、一度発症すると目がかゆくなったり、鼻水が出たりと厄介なものです。

シックハウス症候群は、住宅に用いられた建材や接着剤、塗料から発生されるホルムアルデヒドが主な要因として、流行しました。
せっかく手に入れた家なのに、安心して住めないという事実は衝撃的でした。
そのため国は、使用する建材や塗料にホルムアルデヒドの環境基準を設けたり、一目で材料の安心がわかるようにF☆☆☆☆などの表記基準を設けました。
現在使用される材料の多くは、F☆☆☆☆で人体への影響はほとんどないとされています。

【ホルムアルデヒドの影響する時間】
ホルムアルデヒドは、時間と共に発散量が少なくなっていきます。
建築当時の発散量が一番多くて、2年ほどで発散は納まると言われています。
こうした中でも、天然系の床材や壁材を選ぶ人は後を絶ちません。
建築費用がかかっても、安心と健康のためにはしょうがないと考えられている方が多いようです。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅で使用するすべての物にF☆☆☆☆などのホルムアルデヒド関連表示を行う義務はありません。
そのためにPタイルなどの塩ビ系の床材にはF☆の表記義務がありません。
Pタイルは、防水性・耐久性にも優れて、最近では脱衣場や洗面所周辺で使用されるようになってきています。
他には、ホームセンターなどで購入する本棚やラックなどもF☆は記されていないと思います。
これはシックハウス対策を行っている国土交通省の基準によって、表示義務がある物と任意での表示とされる物があるからです。
いくら天然素材の材料を使って家を建てても、ホームセンターで棚を買ってきたり、机や椅子を買っては高価な材料の意味がなくなってしまうかもしれません。
リフォームで天然系の素材を検討されている方は、まずは身の回りの物をチェックしてホルムアルデヒドと関係ないか調べる必要があるかもしれません。

弊社では天然系の素材を中心に行うリフォームにも対応していますので、ご興味のある方は是非一度弊社までご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
■建設業許可番号:千葉県知事許可(般-30)第52900号
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

リフォームの際に気をつけたいシックハウス症候群とは” に対して1件のコメントがあります。

  1. 木村 より:

    うちにも小さい子供がいるんで、ホルムアルデヒドとかシックハウス症候群とか気になります。
    新しい情報があったら掲載してくださいね。

  2. 稲垣 より:

    二年くらいたってしまえば問題ないんですね。
    ずっと関係あるものかと思っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA