ルーフバルコニーリフォームの失敗例をご紹介致します

ルーフバルコニー
インターネット上では、マンションのベランダやルーフバルコニーをリフォームして、快適に暮らしましょう、とうたった広告を良く見かけます。

【ルーフバルコニーリフォームの失敗例】
ある方のお話になりますが、マンションについてあまり詳しくない方で、そのうたい文句にのってベランダのリフォームを行った方がいます。
しかし、10年後にマンションの大規模修繕計画が行われて、その際にすべて撤去しなければなくなりました。
理由は、マンションのベランダとルーフバルコニーは共有部分になります。
一見個人のスペースのように感じますが、マンションみんなのスペースになります。
そのため、勝手にガーデニングや菜園を楽しむことはできません。
またばれない様にリフォームしても、数10年に一度来る大規模修繕の際に撤去しなければならなくなります。
過去にはベランダに温室を作ったりして、もめたケースもあるようですが、結局は自己負担での撤去が命じられます。
マンションを購入する際にこうした事情を理解していれば特に問題ありませんが、中古物件を購入する方などは注意が必要です。
マンション1階庭付き駐車場付きというと好条件のように思いますが、庭も駐車場も共有部分の場合がほとんどです。
自分のスペースなのに自分の物ではないというのは、なかなか慣れない感覚かもしれませんね。
こうしたプライベートな空間の共有部分というのは、火事や災害の有事の際に居住者が安全に避難できるように確保されたスペースでもあります。
そのために身勝手にベランダには荷物を置けなかったりするのですね。
適切な利用方法としては、一時的に利用する洗濯干しやちょっとした荷物置きぐらいでしょうか。
ルーフバルコニーについては、テーブルや椅子を用意すると食事を楽しむことができますね。

【マンションの利点】
一戸建ての住宅であればお庭やガレージにもメンテナンスが必要になりますが、マンションの場合はベランダなどを管理組合が管理してくれるので安心といえそうです。
その分室内の必要な個所だけリフォームすれば済みますので、気軽ですね。

マンションの共用部分かどうかの確認をしっかりして、良いリフォームを堪能してみてはいかがでしょうか?

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

ルーフバルコニーリフォームの失敗例をご紹介致します” に対して1件のコメントがあります。

  1. RIKACO より:

    うちも隣の部屋買ってればルーフバルコニーつきだったんです。妥協しなければよかった

  2. しょこたん より:

    マンションの場合共有なのかどうかは確認しないとトラブルになりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA