【水回り】コーキングやシーリングの重要性【外壁】

お風呂
【コーキング処理の重要性】
建物の構造がキチンと機能する上で重要なポイントに「コーキング」があります。
浴室のバスタブ周辺で水が漏れないように隙間を埋めたり、外壁の壁と壁の間を埋めたりと様々なところで利用されています。

【コーキングの寿命】
コーキングは、素材上半永久的に利用できるものではありません。
使用環境によって耐用年数は異なりますが、5年から10年に一度は点検しておいた方が安心と考えられます。

【コーキングとシーリングの違い】
コーキングとよく似た素材に「シーリング」があります。
どちらも隙間を埋める意味では同じですが、どちらかというと室内用がコーキング、室外用がシーリングというようなイメージがあります。
しかし、実際にはキチンとした区別はついていないようです。「キッチン」と「台所」というように同じ意味を持つ言葉と思っても間違いないと思います。
重要なことは言葉の使い分けというよりは、適材適所で素材を選ぶことが重要になってきます。
コーキング(シーリング)には、主に5種類に分類できます。シリコン、変性シリコン(高モジュラス)、変性シリコン(低モジュラス)、ポリサルファイド、ポリウレタンになります。
それぞれに素材の特性があります、使用用途に向き不向きがあります。
シリコンは、ガラス周りや金属周りに適しており、硬貨が早い特徴があります。
変性シリコン(高モジュラス)は、屋上シートの防水下地の目地に適しています。
変性シリコン(低モジュラス)は、使用用途が広く外壁(ALC、窯業系、金属系)の目地、金属屋根の折り板部等に適しています。硬貨も早く現場で使いやすい特徴があります。
ポリサルファイドは、屋上シートの防水下地の目地加工に適しています。
ポリウレタンは、外壁ALC目地に適しているとされています。
浴室や洗面などの水まわりには、シリコンかポリサルファイドが利用されます。
このようにコーキングと言っても多種多様で、用途を間違って使用すると、3,4年でコーキングが切れて水漏れなどにつながる可能性もあります。

水漏れでお悩みの方や、外壁のコーキングやシーリングに不安という方は一度弊社までご相談下さい。
お客様の大切な家の状況に合わせたリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【水回り】コーキングやシーリングの重要性【外壁】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 穐田 より:

    うちのユニットバスのシーリングがボロボロ取れちゃうんですけど、交換した方がいいのかな。
    自分でできるならやろうかな。

  2. 田幡 より:

    コーキングとシーリングの違い気になってました。
    なるほどですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA