【お風呂】ユニットバスと在来浴室のそれぞれのメリットデメリット

お風呂
【ユニットバスと在来浴室】
お風呂といえばユニットバスがメジャーですが、昔ながらの在来浴室もひそかな人気があります。
在来浴室といえば、躯体の上にモルタルを敷き、その上にタイルで床や壁を仕上げていく工法になります。

【在来浴室のメリットとデメリット】
ユニットバスに比べて既成部分が少なく、オリジナル性の高いお風呂に仕上がる特徴があります。
しかし、自由度は高い半面、防水性が低い点がデメリットとして考えられます。

【ユニットバスの歴史と特徴】
現在のようなユニットバスが登場したのは、1964年といわれています。
ユニットバス開発の背景には東京オリンピックが関係していました。
当時建築業界では、作業する人でと時間的余裕が不足していました。この事態を打破すべく、工場である程度作成されたお風呂を造り、現場での施工性を向上させました。
これがユニットバスの始まりといわれています。

【照明や防水処理も重要です】
お風呂は水や湯を使う以外にも、照明や防水処理と様々な要素の技術が必要となります。
職人の技術レベルが低ければ、漏水などになるため、ホテルやマンションでの施工は慎重を期していました。
しかし、ユニットバスの登場によって、安全で簡単に利用できるお風呂が広く普及しました。
現在の住宅事情でもほとんどがユニットバスですが、個性を求める人には受け入れられない傾向があります。

【ユニットバスでも個性を出せます】
実際には、ユニットバスといっても様々なオプションを組み合わせることで奇抜なお風呂にもなります。
例えば、浴室の壁をガラス張りにしてみたり、床面をタイル調に施工することも可能です。
在来工法のお風呂も個性はありますが、現在では施工費用が割高となります。
職人数の低下と工期がかかるためです。
資材調達の手間、水漏れのリスク、施工後の手直しなど業者側からすればハイリスクの工事となります。
それでも在来浴室を希望する場合は、本人のやる気と協力をあおるような姿勢でリフォームに臨む必要があります。
猫足のバスタブなんか素敵ですが、お掃除のこともちゃんと考えないと維持管理が大変になりますので実際のショールームを確認してからのリフォームをお勧めいたします。

弊社ではユニットバスはもちろん、在来浴室のリフォームのご相談にも乗らせていただいておりますので、お風呂に関するリフォームをお考えの方は一度弊社までご相談下さい。
お客様のご要望やご予算に合わせたリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【お風呂】ユニットバスと在来浴室のそれぞれのメリットデメリット” に対して1件のコメントがあります。

  1. はやし より:

    ユニットバスにもデメリットがあるけど、メリットの方が多そうですね。リフォームしたいな。

  2. 駒野 より:

    ユニットバスとシステムバスって言葉がありますけど違いってなんなんですかね?トイレと一緒になってるやつのことかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA