【バリアフリー】老後を考えたリフォームが人気です

手すり
老後を考えたリフォームをする方が増えています】
ここ最近多いリフォーム事例としては、定年退職をしたご家庭で老後の生活に備える「セカンドライフ」のためのリフォームというものがよく行われています。
築30年近くなる家は、建設当時とは家庭内の環境も変わり、家で過ごす時間も増える方が多いようです。
ゆったりと安全に安心して暮らすために、自宅のリフォームを検討されている方も多いようですね。
こうした事案では、お風呂やトイレ、キッチンなど部分的にリフォームするよりも建物全体をリフォームする方が割安だったりします。
セカンドライフの為に考えたい家の事情としては、バリアフリー化、幅広の廊下、広い洗面所、2階の活用方法など現状の家とはかけ離れた形の家が必要となってきます。
実際にデイサービスセンターなどに行ってみると、玄関や廊下、戸は広いですし、洗面やお風呂も大きめに設計されています。介護が必要になった時でも、ゆとりをもって毎日介護できるように設計されている特徴があります。将来的に介護が必要ないとしても、広々とした洗面所や廊下は風邪通りが良く、毎日の掃除も快適に行う事ができます。
このように20年、30年先の事を考えると、少し頑張って大規模なリフォームに取り組む必要もあるのかもしれません。

【スケルトンリフォームとは】
こうした建物全体に及ぶようなリフォームは、多くの場合で一度壁や床、天井を抜き「スケルトンリフォーム」を実行します。
建物を丸裸にすると、躯体の傷みや構造の補強も行いやすいですし、建物全体の断熱化も実行しやすくあります。
また一度スケルトンにすると、間取りの変更も行いやすいですし、2階の不要な部屋を失くして1階を吹き抜け天井にすることも可能となります。
建築当時とは住宅の周辺環境も変わっていると思いますので、自宅の仕様も周囲に順応したように作りかえることができます。
自分達が住みやすい家というのは、他の家族や友人も住みやすく、必然的に人の集まる家になっていきますのでお勧めです。

老後を考えたリフォームも弊社までご相談下さい!】
弊社ではバリアフリーに関するリフォームや、老後を考えたリフォームのご相談にものらせていだいております。
お客様のご要望やご予算に合わせたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、お気軽に弊社までご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

【バリアフリー】老後を考えたリフォームが人気です” に対して1件のコメントがあります。

  1. 元村 より:

    先々のことを考えるのって難しいですよね。
    老後のこと考えないとな。

  2. 古館 より:

    老後のことを考えるならまずは両親のためにリフォームしないとな。大変だー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA