【断熱】真空ガラスの魅力をご紹介させていただきます

窓ガラス
【窓と断熱の関係性】
既存住宅の窓の断熱を考えた時に、2重窓を頭に重い浮かべる方も多いと思います。
2重窓は、手っ取り早くリーズナブルに窓の断熱を行えるとして広く普及しています。
しかし、その反面で窓の開け閉めに手間がかかったり、掃除の面で苦労する時もあります。特に窓ガラスを拭く作業は手間がかかります。
また室内から窓を見た時に、窓のサッシが二つあるとどうも部屋の圧迫感だったり、重厚感に繋がってしまいます。カーテンをしていれば気にはなりませんが、オープンにしている時は気になる方もいらっしゃると思います。
そんな2重窓の欠点をカバーしてくれる材料に「真空ガラス(真空サッシ)」があります。

【真空ガラスの魅力】
真空ガラスは、複層ガラスのように厚みがないガラスで、それにもかかわらず高い断熱性を誇っており高級で高機能なガラスとされています。
12mm以上ある複層ガラスの半分ぐらいの厚みしかない真空ガラス(6.2mm)は、既存の単板ガラス用サッシにも適応しており、2重窓が取り付けできないようなところに採用されています。
肝心の断熱性能は、単板ガラスに比べて約4倍、複層ガラスに比べて2倍近くの断熱性能を誇っています。
窓のサッシを残したまま窓の断熱を行いたいときは、真空ガラスが有効なリフォーム手段となってきますね。

【真空ガラスの費用目安】
ガラス自体の費用は、2重窓の取り付け費用に対して㎡あたりで1.5倍から2倍程度の費用がかかってきます。
少し高額な窓の工事となりますが、真空ガラスを採用しているお家もまだ少ないので、自慢のポイントとなりますね。
尚、窓ガラスを支えている窓のサッシにも一応寿命があることはご存知でしょうか。
窓ガラスにはゴム製のパッキンが使用されて、窓のサッシとガラスを固定しています。窓は紫外線や雨風があたって、過酷な環境が強いられます。20年から30年で窓サッシのパッキンは劣化してきますので、サッシの交換もしくはパッキンの補修が必要になってきます。
またこうしたタイミングで窓のリフォームを行うことも効率的と考えられます。

【窓のリフォームも弊社までご相談下さい!】
弊社では様々な窓に関するリフォームのご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に合わせたリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【断熱】真空ガラスの魅力をご紹介させていただきます” に対して1件のコメントがあります。

  1. 有野 より:

    真空サッシって名前だけ知っていましたが、断熱性に優れたサッシだとは知りませんでしたよ。

  2. 上杉 より:

    真空サッシってなんか名前がかっこいいですね。興味が出ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA