【基礎知識】耐震リフォームを取り巻く環境の変化

地震
【後回しになりがちな耐震リフォーム】
リフォームの中でも、なかなか手がつけられない項目のひとつに「耐震リフォーム」があります。
トイレや床など比較的簡単なリフォームでもやっとの思いで、リフォームをされているのが現状です。それに比べると「耐震」というイメージのつかみにくい部分については、半ばあきらめている方が多いかもしれません。
今現在耐震化リフォームが世間一般で注目されている背景には、地震の問題と建替制限の問題があるからです。

【建築基準の変化】
日本国内に住んでいる以上、地震は避けては通れない災害になります。
日本の法律でキチンとした耐震基準が設けられたのは、昭和56年以降になります。
それまで建築基準はあったものの、震度6や7に耐えられる基準ではありませんでした。一部の住宅では、木材をふんだんに使用して、強固な造りの住宅も存在しますが、すべてがそのようになっているわけではありません。
また今は家を建てる時は、建築確認申請や建築確認等所定の手続きが必須となっていますが、昭和56年ごろは申請がキチンと行われずに家が建てられていた事実もあるようです。
こうした建物では、建築基準が改定された昭和56年以降でも所定の基準を満たしていない可能性があります。

【建替制限とは】
建替制限については、従来よりあった建築基準法を順守する傾向が強まった結果といえます。
1990年代半ばごろまでは、建築確認申請は行うが、建築後の確認を行わずに住宅ローンの開始や生活を始めるというスタイルがほとんどでした。それが政府の監視強化によって、建築確認無き者への融資実行は行ってはならない、と金融機関に通達を行いました。その結果、建築確認の件数も向上し、違法建築ができないような時代へとなってきました。
家の建替でも昔は可能だった環境でも、今は建替できない家というのもたくさんあります。
接道幅や建ぺい率などの問題が絡んできます。
このような事から、建替できない家については耐震リフォームで対処する逃げ道が設けられたと考えられます。

【耐震化に関するリフォームの相談は弊社まで!】
弊社では耐震に関するリフォームの相談にも乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますのでお気軽に弊社までご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

【基礎知識】耐震リフォームを取り巻く環境の変化” に対して1件のコメントがあります。

  1. 門馬 より:

    最近地震が多いしそろそろやっておいた方がよさそう。
    早ければ早いだけいいか。

  2. 風間 より:

    日本に住む以上どこにいても地震には気を付けないといけないですよね。
    とはいったものの後回しにしてしまう私。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA