【大人気】大理石を使ったリフォームの魅力と種類をご紹介!

大理石
【大理石の魅力】
大理石は、日本では高級石材として床や壁、キッチンなどの住宅用資材として利用されています。
リフォームや新築では人工系の人造大理石や人工大理石が多く流通していますが、天然大理石と何が違うかご存知でしょうか。

【人造大理石と人工大理石の違い】
雑学になりますが参考までに知っておくと、リフォームの参考になります。
まずよく似ている「人造大理石」と「人工大理石」について触れておきます。
人造大理石は、天然石を粉砕してセメントや樹脂で固めた半人口素材の事を指します。一方の人工大理石は、大理石は使われておらずアクリルやポリエステル樹脂から製造されています。
人造大理石と人工大理石の見た目の区別は比較的容易で、人造は仕上げに研磨工程が必要となるため複雑な形状にはむいておらず、板状などのシンプルな形状のものになります。床や壁、テーブルなどに利用されています。
人口の方は、加工や着色性に優れているのでお風呂やキッチン、洗面などに利用されています。使い勝手のいい人工大理石ですが、樹脂製分が主になるため、石の割には柔らかくまた風合いも高級感に欠けるというデメリットがあります。ちなみに住設メーカーのヤマハリビングテックさんは、人工大理石になります。

【天然大理石の魅力】
天然の大理石は、価格的にも高くて手がだしにくい部分はありますが、人工的に造られた大理石とは全く違う美しさがあります。
床に貼った場合では、透明感のある質感で多少狭い廊下でも広く感じます。リビングに大理石を敷いた場合は、天井の光を床の大理石が反射してこれも美しく、開放感のお部屋を演出してくれます。
その他、トイレやサニタリーなどにも大理石の床は美しく活躍します。
天然の大理石というと種類がないように思われるかもしれませんが、実はいくつかの種類がありますし、産地も台湾やイタリアなどいくつかあります。
大理石の種類によって、水に弱い物もありますので注意が必要です。
また酸に弱い大理石もありますので、特性と使用用途を確認しておくことが必要になります。

【大理石を使ったリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社では様々な大理石を使ったリフォームのご相談にも乗らせていただいております。
お客様のご予算やご要望に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますのでお気軽に弊社までご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【大人気】大理石を使ったリフォームの魅力と種類をご紹介!” に対して1件のコメントがあります。

  1. ひで より:

    大理石ってけっこう高いんですね。人造でもいいかも。

  2. 松尾 より:

    大理石のキッチンにあこがれてトップだけ変えようか検討中です。ホームセンターとかで買えるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA