【人気】地下室の定義とリフォーム方法

蓄音機
【地下室のイメージ】
皆さまは地下室に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。
空気が悪い、じめじめしている、物置、不潔、などどちらかというとネガティブなイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
しかし、今どきの地下室はオシャレでかなり魅力的な存在なので少しご紹介します。
現在中古物件をお探し中の方、今の家に地下室がある方、ご参考いただければ幸いです。

【地下室に関連する法改正】
そもそも最近地下室が脚光を浴び始めた背景には、2000年の建築基準法改正があります。それまでは人が住むような設計は許可されていませんでしたが、一定の基準を満たせば地下室を居室として利用できることが認められました。
主な条件としては「衛生上必要な措置」で具体的には「上部が外気に開放されているもしくは開口部がある」「地下室の温度調整・換気設備がある」「防水措置が講じられている」が居室として利用できる条件です。
また地下室は建築基準法上、容積比率への不算入措置というメリットもあり、狭小地などで新築を立てる場合に有効とされています。

【地下室の定義】
これまで「地下室」という言葉を使って説明しましたが、建築基準法上の「地下室(地階)」は、地下室の床面から地上面の高さが、地下室天井高の3分の1以上埋まっている状態を指します。よくあるケースとして半地下があります。これは高さの関係から地下室には考えられないケースが多いようです。
実際に地下室をオシャレにリフォームしようと思うと、建築確認申請を行う場合は、上記の居室条件を満たす必要があります。それ以外には結露対策も重要です。地下室は静かな半面、風の流れがありません。そのため湿度が高いもしくは水がある環境ではカビが発生しやすくあります。
結露対策としては地下室の断熱化と換気が重要になってきます。
至難の末、手に入れた地下室は地上から解放されて、自分だけの時間を楽しむ事ができます。映画や音楽、絵画、読書など完全なプライベート空間を手に入れることができますので、地下室リフォームを検討されてはいかがでしょうか?

【地下室リフォームのご相談も弊社まで!】
弊社では地下室のリフォームや増築などのリフォームのご相談も受け付けさせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、お気軽に弊社までご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

【人気】地下室の定義とリフォーム方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 冨井 より:

    地下室欲しいけどリフォームは厳しそうですね。新築しかないかー。

  2. 南野 より:

    家に地下室有りますけど物置になってますね。
    もっと有効活用したいけど収納が不足しているのでどうにもならないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA