【お洒落】テラスをリフォームで設ける場合のポイント

テラス
【テラスの魅力】
内装やトイレなどをリフォームした後に、よくテラスの相談があります。
テラスというとお庭の部分で過ごせる空間になり、海外などではごく一般的なスペースです。
室内にいるより外の方が開放感があり、疲れにくい特徴もありますし、カフェスペースとしてもとてもオシャレです。

【テラス作成の】
テラスの作成にあたっては、いくつかのパターンがあります。既製品のテラスキットで作成するか、オーダーメイド的にウッドデッキのような形で制作するかなどです。基本的に既製品の方が安いですが、寸法の応用が利きにくい弱点があります。またオシャレな演出をしたい時なんかは、既製品では物足りないかもしれません。
たいていのテラスキットは金属製で、多くの物でシャープな印象を受けます。
テラス作成に合わせて、シェードなどの日よけ対策も重要となっていきます。日差しがきつい時でもちょっとしたシェードや屋根があると、女性の方も日焼けを気にすることなくテラスで楽しいひと時を楽しむことができますね。

【テラスを商用利用した場合の会計処理】
お店や教室での利用となると、経費計上が必要になります。たいていの場合で30万円を超えてくると想定されますので、耐用年数を踏まえた減価償却が必要になってきます。
テラスは一般的に「建物付属設備」となり、金属製で15年、その他の木材などで8年とされています。

【テラスのメンテナンス】
実際にテラスを使い始めると、数年で塗装が剥がれてきたり、シェードなどが汚れてくることに気付きます。
色を塗り直したり、シェードの張り替えも場合によっては必要になってきますので、耐用年数通り何もなく使用できるとは考えない方が無難でしょう。
設置されている環境も海風があたるようなところは、老朽化しやすいのでなおさらです。
既存のテラスをリフォームする場合は、一般的に取り換えが多いです。修理の方が逆に高くつく傾向があるようですね。

【テラスリフォームも弊社までご相談下さい!】
弊社ではテラスの新規設置やメンテナンス等のご相談も受け付けさせていただいております。
お客様のご予算やご要望に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

【お洒落】テラスをリフォームで設ける場合のポイント” に対して1件のコメントがあります。

  1. 寺田 より:

    テラスとかバルコニーとかサンルームとか屋外リフォームいろいろあります。私ならバルコニーが欲しいかな。

  2. 天野 より:

    テラスがあるってお洒落で素敵ですけど、スペースもなければお金もない。ローン組んでまではなかなかやらなあですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA