【土壁】和室が不人気な理由と対策リフォーム方法をご紹介

和室
【和室が不人気な理由】
和室が若者に好まれない理由のひとつに「壁」があります。
通常和室の壁というと土壁で、色合いは地味で質感も地味な装いがほとんどと思います。
和室というと地味なものだ、と一般的に思われますが、すこし広い視野をもつと全然違った発想にたどり着きます。土壁も地味なグレーやベージュ以外に、ブルーやピンクなどの明るい配色の土壁も市販されています。
壁に合わせて畳も配色豊かな琉球畳や、形状も長方形ではなく正方形の畳にするとお部屋の雰囲気は一新されます。天井については照明を交換するとお部屋の雰囲気はぐっと変わってきます。
一概に和室を洋室に変更する発想だけではなく、和室を活かすリフォームも面白いと感じます。

【和室を活かすリフォーム】
鎌倉や日光などの歴史情緒あふれるところに行くと、様々な和室パターンを目にします。
たいていのところで、和室と現代が融合しており独特のファッションを生んでいます。
今世界的に和食など「和」が注目されていますので、和室や和の文化について今一度見直してみるといいかもしれませんね。
土壁のリフォームのパターンとしては、土壁をやり直すパターン、既存の土壁の上から塗るパターン、土壁の上にモルタルを塗って下地を作り、クロスを貼るパターンなどいくつか方法があります。
和室には、真壁と大壁と2種類に壁の仕様が分かれています。
真壁は日本古来の技法で室内に柱が出ている造りになります。最近の分譲住宅やマンションでこの真壁仕様を見かけることはなく、本格的な和風建築のみに利用されています。
今の和室が真壁の場合は、一定の価値がありますので和室として利用できないか、見直してみるといいでしょう。
最近は建物の耐震性、コスト的なことから真壁が減っています。また価値が分かる人も少なく、わざわざ真壁にする必要はない、と住宅供給側も考えている傾向にあります。一部地域では、真壁の価値をわかる人にむけての分譲のチラシに真壁仕様などとわざわざ記入し、家の付加価値にしているなんてこともありますので、わかる人にはわかるリフォームと言えます。

【和室のリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社では和室に関する様々なリフォームのご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、和室のリフォームをお考えの方は是非一度弊社までお気軽にご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【土壁】和室が不人気な理由と対策リフォーム方法をご紹介” に対して1件のコメントがあります。

  1. 光浦 より:

    今時の人はそんなことで和室を敬遠しているんですか。もったいないなー和室は歳を取って良さがわかるものなのに。

  2. 鈴木 より:

    最近のマンションは和室ないのもいっぱいありますもんね。和室は快適なんだけどなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA