【リフォーム】エコキュートのリコール問題

キッチン
【エコキュートか電気温水器か】
オール電化住宅へのリフォームで誰しも悩む問題に「エコキュート」か「電気温水器」、どちらがお得なのという問題があります。
お湯を沸かす効率で考えれば断然エコキュートの方が高効率でお得ですが、初期費用に大きな違いがあります。
昔比べるとエコキュートもずいぶん安くなっていますが、標準的なサイズ・型でだいたい50万円前後が相場となっています。
それに対して電気温水器は20万円程度で流通しています。エコキュートの半値で電気温水器を購入できますね。後は設置後にかかる電気代の違いが重要なのですが、標準的な家庭で電気温水器は約5,000円、エコキュートは2,000円と言われています。こちらはエコキュートの方が半額以下でお湯を沸かすことができます。電気代が一定と考えて、どちらがお得かと計算すると設置から10年過ぎたぐらいからエコキュートの方が、経済的にはお得になってきます。

【エコキュートと電気温水器の寿命】
機械の耐用年数自体は、エコキュートが15年、電気温水器が20年と言われています。エコキュートの方が耐用年数が短いですが、たいていの場合はそれ以上使用できます。このように考えるとエコキュートを選んだ方がお得になりますね。
湯切れした際の機能面でも、電気温水器に比べエコキュートは比較的お湯を作ることができます。
快適に暮らす上ではエコキュートの方が、軍配が上がりますね。

【エコキュートか電気温水器の注意点】
但し、設置場所の関係で電気温水器にせざるおえないケースも中には有ります。エコキュートは貯湯タンクとコンプレッサー(室外機みたいな機械)が必要になってきます。
設置スペース、メンテナンススペースが電気温水器よりエコキュートは広く必要になってきます。あとは水質によってもエコキュートの寿命は変わってきます。日本は軟水と言われますが、地域によっては硬度が高いところがあります。水道水の硬度が高いと機械内に詰まりを生じる可能性もありますので、事前に水道局のホームページで水質の硬度をチェックしておくと安心できます。硬度100以上はやや危険といったところではないでしょうか。
また、数日前にエコキュートのリコールがパナソニックから発表されました。対象機種が199種類、販売台数にして103万台に及ぶようです。
リコールですので、パナソニックが無料点検や部品交換をしてくれるそうですので、対象機種をご利用の方は早急に無料点検の手配をしましょう。

【エコキュートや電気温水器のリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社ではエコキュートや電気温水器のリフォームのご相談から設置まで対応させていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、お気軽に弊社までご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【リフォーム】エコキュートのリコール問題” に対して1件のコメントがあります。

  1. 相田 より:

    うちのやつもしかしたらリコールかも!調べてみます!

  2. 山彦 より:

    エコキュートリコールって聞いてやめようかなと思いました。もっと安くなるまで待つのが懸命なのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA