【和室】床の間の活用方法をご紹介致します

床の間
【床の間は無駄なスペース?】
和風建築の象徴として知られる作りに「床の間」があります。
若年世代にとって床の間は、無駄なスペースとしてとらわれがちです。この床の間の存在がきっかけで和室から洋室にリフォームされるケースも少なくありません。
それでは本当に床の間は「ムダ」なスペースなのでしょうか。

床の間の意味と歴史】
そもそも「床の間」という言葉は、奈良時代から存在しているようです。もともとは人が座る「座」や「寝床」の意味として使われていました。
それから室町時代に入って、他の部屋より一段高い部屋が登場し、主君や家臣などと会う時に利用されました。
その一段高い「上段の間」を「床」というようになったことから、「床の間」と呼ばれるようになりました。現在に通じる床の間の形は、茶室ができてからになります。
NHKの大河ドラマ「官兵衛」でも、織田信長公の場面で床の間が拝見できます。
床の間とは本来贅沢な空間にはなりますが、現代社会においてはマッチにし難い空間のようです。

【床の間の活用方法】
床の間というと掛け軸や花瓶などをよく飾ったりしますが、お香を焚いたり、子供との思い出の品を飾ってみることも実用的かもしれません。
それでも雰囲気を変えたい方は、和室から洋室に変更する事をお勧めします。床の間の奥行きは、クローゼットの仕様に適しており洋室へのアレンジも比較的スムーズに行えます。
ネット上でも床の間の活用方法に悩んでいる方は多く、アレンジが難しいことも事実です。

【住宅の不人気な設備】
床の間以外にも最近は「神棚」や「仏壇」も煙たがれるケースが増えているようです。神棚においては、ほこりっぽくなり日頃のメンテナンスがなかなか行き届かないところになります。
またお仏壇も場所をとるので設計で省くケースも珍しくないようです。ちなみに最近の仏壇は現代社会に対応すべく「壁掛け式」などのインテリア性を重視しているものも販売されているようです。
リフォームでお部屋をスッキリすると同時に、お仏壇や神棚のあり方も考えなおしてみるといいかもしれませんね。

【床の間リフォームのご相談は弊社まで】
弊社ではたくさんの床の間リフォームの施工や、ご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算などなど、お客様のご自宅に合ったリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、リフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【和室】床の間の活用方法をご紹介致します” に対して1件のコメントがあります。

  1. 笠本 より:

    畳の上にベット置いちゃってるんですけどあんまりよくないですよね。フローリングにしちゃおうかな。

  2. 小木曽 より:

    私は床の間好きですけど家族はみんなよさがわからないようです。不人気なのも仕方がないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA