【和室】ふすまの欠点をリフォームで改善!

ふすま
【ふすまや障子が不人気な理由】
若年層に和室が嫌われる要素のひとつに「ふすま」や「障子」があります。
最近の建て売り住宅やマンションでは、ふすまや障子を見る機会が減ってきてなじみが薄いことも考えられますが、破れたり採光性が悪いことも不人気な要因と考えられます。

【ふすまの魅力】
ふすまは、ひとつの建物において部屋の広さを柔軟に変えられるという特徴があります。ふすまを抜けば一つの広い空間になりますし、ふすまを入れれば個室に仕切ることができます。
昔は葬式や法事などをする時は、自宅で行っていたのでこうした広い空間が必要でしたが、今はセレモニーホールが全国各地で用意されて、こうしたスペースが必要で無くなってきています。
またふすまは紙でできており、定期的に貼り替えないと変色や破損によって見た目が著しく悪くなります。特に小さいお子さんがいるお家やペットと一緒に住んでいるお家では、すぐにふすまが破れてしまいます。
また紙でできていることから、光を通しにくいデメリットもあります。昼間でも明りをつけないと暗いですし、湿気もこもりがちになります。

【ふすまリフォームポイント】
こうしたふすまの対策として2つの解決策があります。一つはふすまを引き戸にリフォームする方法です。木製の引き戸に変更することによって、耐久性は格段に向上しますし戸にガラスを設けることで採光性も向上します。
2,3日の工事で比較的簡単に安くお部屋のイメージを変えることができます。
もうひとつの方法は、破れない障子紙に張り替える方法です。化学繊維でできた商品が主流で、紙の襖紙に比べると格段に耐久性と採光性が上がります。
このように和室全体をリフォームするとなると多額の予算が必要となりますが、ふすまなどのネックな点だけを絞ってリフォームすることも有効かもしれません。
もちろんふすまとして利用し続けることも素晴らしいので、ふすまの縁や柄、取っての部分を一工夫して使い続けることも、とってもオシャレではないでしょうか。

【和室のリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社では和室を洋室に変えるリフォームや和室を蘇らせるリフォームの施工やご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、和室に関するリフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【和室】ふすまの欠点をリフォームで改善!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 総元 より:

    ふすまは手軽に交換できるのも魅力ですよね。子供落書きだらけだしそろそろ交換かなー。

  2. ひびと より:

    ふすまが不人気っての言うのもさびしいものですね。和室には最高に合いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA