【千葉】バリアフリーリフォームの大切さと一例

バリアフリー
【バリアフリーの本当の意味】
住宅用のバリアフリーというと、段差を取り払ったり、手すりをつけたりとハード面ばかりに意識が傾きますが、本当の意味のバリアフリーはもっと意味の深いものになります。
そもそもバリアとは、障害の事です。この障害は人によって異なり、多少段差があっても気にならないという高齢の方も中にはいらっしゃいます。
しかし、耳が悪くて玄関ベルの音が聞こえなくて困っている、腰が悪くて洗濯が苦痛と感じている等人それぞれ何だかの障害があると思います。
住宅リフォームのバリアフリーでは、一般的な障害以外にも上記のような個別の障害にも柔軟に対応することができます。

【玄関ベルのバリアフリー化】
例えば、玄関ベルについてです。チャイムの音が聞こえない、という障害に対してはいくつかの改善策が考えられます。一つはベルの音を大きくすることです、他には補聴器、室内点灯ランプと連動する、スマホと玄関カメラを連動する、インターホンの子機を活用する、など一つの問題を解決するにもいくつかの改善策を提案することができます。

【台所のバリアフリー化】
台所仕事を苦痛に感じている方には、座って調理するキッチンも提案する事ができます。最近宅食の市場が急上昇していますが、恐らく家で調理をしなくなった人が増えた結果と考えられます。
確かに宅食は、安価で栄養バランスも整っていて便利ですが、作って食べる喜びが無くなってしまいます。
ちょっとした旬の料理でも、気軽に自分で調理して食べられるとおいしいですし、楽しいものです。
もしも設備的な問題で、調理に負担がある場合はリフォームで適切な解決策を探ってみることもおもしろいかもしれませんね。
基本的にはどんな最新最高の設備でも全くバリアがない家なんてないと思います。
それは5つ星ホテルに1カ月住めばストレスをまったく感じないかというとそうでもなく、やはり人間大なり小なりストレスを感じるものです。
自宅においては、安全・防災という点においては環境を整えておきたいところですね。

【バリアフリーに関するご相談は弊社まで!】
弊社ではお客様のご要望やご予算に応じたバリアフリーリフォームのご提案を無料でさせていただいております。
なんでも構いません。もしご自宅に不便さを感じている時には是非一度弊社までお気軽にご相談下さい。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【千葉】バリアフリーリフォームの大切さと一例” に対して1件のコメントがあります。

  1. 須田 より:

    バリアフリーにもいろいろな方法があるんですね。簡単なものから少しずつやっていこうかしら。

  2. 元木 より:

    バリアフリーはいつかは必要になるんだし早めにやった方がいいですよね。旦那に相談してみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA