【屋根】リフォームの際の材質選びのポイントとは

屋根
【屋根材選びのポイント】
家の屋根の葺き替えやリフォームを考えた時にどういうステップで次の屋根材を選べば最良の選択になるか、悩んでいる方もいらっしゃると思います。
ここ数年は屋根材も新技術で画期的な材料が生まれているという訳ではないので、一定のステップを踏むことで満足度の高い屋根を設置することができます。
まず屋根材を考える上で以下の3点が重要なポイントになります。

1:木造住宅の場合、屋根材の重量が構造計算結果に影響する
2:素材により最低屋根勾配の規定が異なる
3:防火対策

【重量について】
住宅の耐震性を確保するために建築基準法では、重量が大きい瓦葺き建物と金属、スレートに類する軽い材料で葺いた建物に分け、壁量の計算を行う際に係数を変えています。軽い屋根の方が、壁量が少なくていいことになります。

【素材による最低屋根勾配とは】
屋根素材によって最低限必要な屋根角度が決められています。これは屋根材の形と葺き方に関係し、雨漏りを起こさない工夫からきています。

【防火対策とは】
建設場所や建物の構造により、建築基準法で防火対策が規制されています。一般的に、屋根材は不燃材が使用されています。

【その他の屋根選びのポイント】
これらの事をふまえた上で、予算と景観、耐用年数を検討して最良の屋根材を選ぶ必要があります。
予算的には低い方から「カラーベスト系」「カラー鉄板」「天然スレート」「瓦」「カラーステンレス」になります。
もちろん各ジャンルの中でもグレードが各種ありますので、上記は目安になります。
最小必要勾配については瓦系が4.0/10と比較的角度がある屋根を必要としています。金属系やカラーベスト系は3.0/10と比較的緩やかな角度の屋根でも対応できます。
重量については、ご存知の通り瓦系が重く40kg/m2以上が一般的となっています。それに対して金属系は10kg/m2、カラーベスト系は18kg/m2と瓦に比べると軽量で、建物の耐震性にも寄与する仕様となっています。
可能であればカタログやサンプルだけで判断するのではなく、実際に施工されている家の屋根を見てみると雰囲気をつかみやすくありますので、もし気になる屋根等ご座いましたら弊社までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

【屋根のリフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々な屋根のリフォームのご相談に多数乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じた屋根リフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、屋根リフォームをお考えの方はいつでもお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【屋根】リフォームの際の材質選びのポイントとは” に対して1件のコメントがあります。

  1. 梶原 より:

    屋根の材質っていろいろあるんですね。リフォームするときには材質変えるのもいいかもなー。

  2. 香川 より:

    そろそろうちも屋根のリフォームしないとなー。ちょっとローンのこと調べてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA