【配管防音】大切な遮音性を高める方法

配管
【大切な遮音性】
サザエさんを見ていると理想的な家庭だなと思いますが、今は日中働いて夜は家に帰っているという家族ばかりではないと思います。
不規則勤務や夜勤、早朝勤務など就労体制も多様化しています。
それに伴って、日中寝ている家族に気を使う親御さんも多いと思います。昼寝られずに夜勤務となると結構ストレスが溜まっていきますからね。
家の中の生活で気になる音、といえばドアの音、電話の音、足音の音、トイレの音が主だったものになると思います。
ドアについては最近のモノは、手が挟まれないようにゆっくり閉まる様な機能が備わっているので、簡単に対処することができます。電話は音量調整、足元はスリッパと比較的容易に対応できます。
トイレの音、これは仕方がないと諦めている方も多いのではないでしょうか。
特に明け方や深夜1階で寝ている時に2階で水洗トイレを流されると、結構な音が一階に響き渡ると思います。
この音対策については、遮音材などは見当たりませんが「配管防音材」というもので対処することができます。

【配管防音とは】
「おとなし君」という商品などが流通しているようですが、管一体型以外にも後貼りシート型もあるので今からでも対処することができます。不織布による吸音材とゴムシートによる遮音材で水流の音をシャットダウンしてくれます。プチリフォームにもなりますよね。
実際の低減効果は、ノーマルが50から60dBであるのに対して、30から40dBにまで低減することができます。
集合住宅で上の階のトイレ音がうるさい場合なども、この配管防音材は有効と考えられます。
アパートでも上の階の人の排水音は、慣れるとはいえストレスになりますので、大家さんはぜひとも対処してもらいたいと思います。
他には集合住宅で子供の足音が下の階に迷惑でないか、心配されている方もいらっしゃると思います。床が2重構造とはいえ、響くモノは響きます。
一つの工夫としては、フローリングの上にマットや絨毯を敷く方法もあります。衛生的に嫌な方はコルクマットなどもありますので、少しでも音のストレスから解放されて暮らしたいですよね。

【防音リフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々な防音リフォームの施工を行わせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますので、防音リフォームをお考えの方はいつでも弊社までご相談いただければと思います。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

【配管防音】大切な遮音性を高める方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 川西 より:

    おとなりさんがやかましいしうちも防音リフォームしようかなー。とか言ってると引っ越しちゃったりするのかな。

  2. 元木 より:

    うちもおとなりさんがわりと騒がしいのでできればやりたいですね。見積もりだけでもとってみようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA