【エコ】低温床暖房システムの魅力をご紹介!

緑のカーテン
低温床暖房システムとは】
マグロの養殖で成功し世界的に有名なった近畿大学が住宅業界にも一石を投じようとしています。
日本が国策として掲げている省エネ・環境性を配慮した省エネパッケージで、平成25年度住宅・建築関連先導技術開発助成事業の対象にもなっています。この事業は優れた技術開発を行うチームに開発にかかる費用の半分(5,000万円/年上限)を国がサポートする企画です。
具体的な内容は「電力ピークカット及び快適性向上に資する太陽熱を利用した住宅向け調湿・徐湿並びに低温床暖房システムの開発」として、戸建て住宅向けの開発となっています。
太陽熱をうまく使った家造りとなっており、太陽エネルギーで発電と給湯のどちらも両方行う点が特徴となっています。確かに今の家の屋根というと発電か給湯のどちらかになっていますよね。本来はどちらも実施する方がより高い省エネ性が実現できます。
電気と給湯を同時に行うと、冬場は温水床暖と発電電気を使ったエアコンのダブルで部屋を暖めることができます。このスタイルではエアコンにかかる負荷を低減できることから、日中の電力ピークを減らすことができます。

【夏場も快適】
夏場は、既存のデシカント除湿器を活用して再生熱源として40度の太陽熱温水を作る一方で、吸着除湿によって空気の温度が上昇するので、顕熱交換機で熱交換し温度を下げる仕組みとなっています。
太陽熱の発電と給湯を組み合わせることで、夏でも冬でも設備を効果的に活用できるメリットがあります。
これらのシステムは既存の技術を組み合わせて設計しているため、比較的早い段階で実現化できる可能性があります。平成26年度に研究が終了し、それから2年をかけて量産化・販売を目指す計画となっています。
年々光熱費や消費税が上がってきている中で、こうした節約志向の高い設備は家計を預かるものとしては有難いものです。
リフォームで設置した床暖房も、優れた設備であるにも関わらず、ランニングコストが高いといって使っていないお宅も多いので、いいものがもっと使いやすくなればいいのにな、と思う限りです。

【エコリフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々なエコリフォームの施工を行わせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますので、エコリフォームをお考えの方はいつでも弊社までご相談いただければと思います。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【エコ】低温床暖房システムの魅力をご紹介!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 加納 より:

    家が快適って大切ですよね。家は快適じゃないので密かにリフォーム計画を建てている最中です。

  2. 片野 より:

    うちは寒くてしょうがないから今年はリフォームしようかな。考えなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA