放火警報器の費用や実際の性能は?【リフォームで防犯対策】

放火警報器

「放火警報器」というものをご存知でしょうか?ここ数年、全国各地で放火が相次いで発生しています。

いくら家の周りに燃えやすいものを置かなかったとしても、持ち家がある以上は放火に対する不安は消えないと思います。

放火警報器をリフォームで設置するといざと言う時安心です

放火の怖い点は、就寝時に火をつけられると、火災に気付いた時には逃げ遅れる可能性が出てくることです。家の中に火災警報器をつけておいても、機器が作動するには時間がかかります。

また留守の時、日中家の周りに人がいないとき、放火にあうと大事な家が燃えてしまいます。

放火犯が見つかれば保障も問えますし、火災保険に加入していればそれなりの保障も期待できますが、命だけは帰ってきません。

そんな社会情勢を踏まえて、京都府亀岡市の会社が「住宅用火災警報器の放火版」を発売しました。

放火警報器の価格費用や機能は?

屋外に簡単に設置でき、火災発生時には音量100db以上の大音量で火災を周辺に知らせてくれます。

警報器にはスイッチも接続されており、使いようによっては寝室にスイッチを置いておくと、緊急時周辺住民に助けを呼ぶことができます。

病院のベッドにあるナースコール的な機能もあるかもしれません。

この放火用火災警報機は、7,000円から17,000円と比較的リーズナブルに設置できる特徴があります。いつ自分の家が放火にあうか分かりませんので、事前の対策が重要かもしれませんね。

【防災リフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々な防災に関するリフォームの施工を行わせていただいております。

お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

防災のリフォームをお考えの方はいつでも弊社までご相談いただければと思います。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

放火警報器の費用や実際の性能は?【リフォームで防犯対策】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 土屋 より:

    火災は怖いですよね。やっぱりホームセンターで消火器買っておこうかな。

  2. 人吉 より:

    最近火災が多いみたいなのでちゃんと対策はしたいものですね。ちょっと調べ見ようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA