木造住宅の外壁リフォームのポイント

外壁リフォーム
木造の外壁リフォームで気を付けたい事について本日はご紹介致します。

リフォームが必要な木造住宅の多くは、伝統的な工法を使用した住宅や在来工法と呼ばれる梁と柱で構成された住宅がほとんどです。
そのことから外壁の工事は、このような建物に対応した工事が行われるようになります。

外壁を張り替えるときは、既存の壁を取ることになりますが、このときは、在来工法の住宅であるなら、柱の位置や間柱の位置がわかるようになるので、工事では、これに対応してリフォーム工事することになります。
さらに、柱のほかにも筋かいの位置や数もわかるようになるので、建物の耐震性に問題ある古い建物では、補強についても検討しなくてはならないでしょう。
そのことから、木造住宅のリフォームでは、外壁だけでなく躯体の確認をしておくことがよいかもしれません。

外壁工事は、リフォームの中でも建物の骨組みが見られる機会となります。リフォーム工事では、外壁をはがすことが多くあります。そのことから、躯体部分の確認が容易になります。また、外部から見ることになりますので、建物内部からとは違って不具合が見つかったときの対応が比較的に容易なものとなります。
外壁をリフォームする住宅の多くは、築年数が経過しています。そのことから、外壁の仕上げ部分をはがすときは、下地や躯体について問題がないか確認することがよいとされています。

それは、外壁工事のようなときでないと、見られないところがありますので、このような部位をチェックしておくと、リフォーム後の不具合があったときに困ることはありません。実は、外壁だけを直しても建物に問題があった場合、ゆがみがでたりすることがあるのです。そういうことから、地震などが心配な場合は、詳しく見ておくべきでしょう。

問題があるなら、外壁工事に耐震改修工事を加えて行なうことがよいかもしれません。外壁工事では、躯体部分や下地部分が確認できるチャンスです。あとから後悔しないためにもよく検討することが必要とされています。

こういった部分もしっかり考えてケアフルリフォームでは丁寧にご提案致します。
どうぞお気軽にいつでもご相談下さい。

千葉のリフォーム会社ケアフルが格安な理由

※千葉県内全域対応 ※繁栄期等は一部のエリアではお受けする事が難しい事もございます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA