耐震補強の種類と役目

地震大国日本では、地震と上手に付き合って生活していくしかありません。今日はそんな、住宅の耐震補強についてご案内致します。

建物の地震に対する耐久性や対策は非常に重要です。地震はいつ何時起こるか想定がつきません。そのために、就寝中に地震が襲ってくるかもしれませんし、家族で団らんしている時に地震が起きるかもしれません。そんな時に頼りない家では、建物が崩れて、大切な命が奪われる危険があります。そのようなことが起きないように、現在国を挙げて建物の耐震化を進めています。

建物の耐震性を決めるポイントは、5つあります。
・地盤・・・地盤が軟らかいと良く揺れる可能性があります。
・重量・・・瓦の屋根などは重く、建物が良く揺れる可能性があります。
・壁 ・・・地震に耐えられる壁かどうかチェックすることがお勧めです。
・床 ・・・床の状態によっても家の揺れが違います。
・接合部・・木造住宅では接合部に地震の負荷が集中しやすい傾向にあります。

また昭和56年6月以前に建てられた建物は、耐震基準が甘く、大きな地震に耐えられない可能性があります。
ビルトインガレージを設けている家では、一階の壁が少なく耐震性が劣る可能性があります。
その他にもいくつか耐震性を決める要素はありますが、心当たりのある方は一度、耐震診断を受けてみることをお勧めします。全国の数多くの市町村で、格安で耐震診断が受けられるように行政がバックアップしてくれています。また行政関係の耐震診断であれば、診断結果にも信憑性をもてます。

耐震性が劣る場合は、いくつかの補強を行うことによって、家が強くなります。建物の基礎の補強や柱の接合部の補強、壁の補強、床面の補強、屋根の軽量化などです。本格的に補強工事をする場合は、床をはがしたり、壁を壊したりと大々的な工事が必要になりますが、壁の外側から鋼材で壁を補強する方法もあります。学校などに用いられている耐震補強の工事になります。

こういった耐震補強の工事もいつでもお問合せ下さい。
丁寧な施工をケアフルはご提供致します。

千葉のリフォーム会社ケアフルが格安な理由

※千葉県内全域対応 ※繁栄期等は一部のエリアではお受けする事が難しい事もございます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
■建設業許可番号:千葉県知事許可(般-30)第52900号
戸建てリフォームの事例マンションリフォームの事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA