千葉 リフォーム
ケアフル電話番号 ■サイトマップ

『収納リフォーム』タグの付いた投稿

老後の事も考えて収納リフォームを行うポイントまとめ!

老後を考えた収納リフォーム
長い間一つの住まいに住んでいると、モノや服がたまって、収納に悩んでいる方も多いと思います。リフォームに合わせて収納を見直すことも多いですが、多くの方が重要な事を忘れていたりします。

それは「年齢」を考えた収納づくりです。

収納のリフォームも老後の事を考えて行なおう!

リフォームを行う時、10年20年先の事をみて計画を練るので、居住スペースのバリアフリーは意識しますが、収納部分のバリアフリーは充分ではない事が多いのです。

収納位置が手の届き辛い様になっていたり、持ち上げ辛い仕様になってたり。 (さらに…)

【収納】ウォークインクローゼットリフォームの魅力

クローゼット
【ウォークインクローゼットの普及】
最近の住宅事情の特徴としては、こんな設備があればいいな、からよりスタイリッシュに快適に使いたいな、という風にだんだんと人々の欲求は高まっています。
例えば、ウォークインクローゼットです。1990年ごろから生活にも余裕が出てきた家庭が増えて、オシャレを楽しむことが一般的になり家の中にも洋服が増えてきました。
洋服を収納するには、タンスよりもクローゼットの方が利便性が高く、中でも大型の収納スペース・ウォークインクローゼットは女性にとっては憧れ的なスペースとされていました。
近頃の新築住宅、マンションには、ウォークインクローゼットは当たり前となってきていますが、20年ほど前の住宅ではまだ採用事例が少なく、贅沢なスペースとなっていました。
リフォームで空き部屋をクローゼットに変更する工事も増えてきていますが、最近のウォークインクローゼットは単に使い勝手がいいだけでなく、大人の雰囲気を楽しめるような空間作りも注目されています。

【付属品も一緒にリフォーム】
大阪市に本社を構える株式会社ユニオンは、住宅用ドアノブやフック、タオルホルダーなどの小物を製造販売している会社になりますが、意匠性の高い収納アイテムも積極的に展開しています。
近頃のリノベーション需要に合わせたもので、部屋全体をタートルコーディネートするにあたり、クローゼットやウォークインクローゼットにも高い意匠性が求められている、と考えています。
収納スペースの壁にレールを組入れて、そこに専用のパネルを組み合わせると美しいレイアウトを維持しつつ、壁面活用できる設計になっています。収納力を向上させるだけでなく、レールとパネルの厚みを揃えたシャープなデザインとなっているために、収納空間をモダンに演出することができます。
クローゼット以外にも寝室やランドリースペースなど多目的に活用することができます。
今リフォーム業界ではこうした使い勝手の良さとデザイン性が求められるようになってきており、多少施工費が高くても気にいったリフォームを行う方が増えてきています。

【収納リフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々な収納リフォームの施工を行わせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますので、収納リフォームをお考えの方はいつでも弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【収納】地震の際に危険な収納と対策をご紹介致します

【便利】床下収納のストレスをリフォームで解消!

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【便利】床下収納のストレスをリフォームで解消!

収納
【床下収納があるべき場所】
皆さまのお家には床下収納が備え付けられていますでしょうか。
あるとすれば、台所の床に取り付けられている方多いかと思います。
床下収納は昔から台所に備え付けられているものというイメージはありますが、実は現代社会いおいては必ずしも台所にある必要がないことが分かります。

【床下収納が台所にある理由】
そもそも台所に床下収納が取り付けられるようになった背景としては、台所の収納を補うため、漬物やサツマイモなどの保存食を保管するため、の2つの理由が考えられます。
戦時中なんかはみんな芋を床下に仕舞っていたようで、その名残でしょうか。
しかし、今は保存食というとカップ麺や冷凍食品、乾物が主になっていると思います。
漬けものを漬ける家庭も減ってきていると思います。収納面でもシステムキッチンが増えていますし、カップボード、食品庫を設ける家庭も増えています。こうして考えると必ずしも台所に床下収納庫がある必要がないことが分かります。台所は毎日調理や洗い物、給湯の時に使用し、床下収納の上を歩くとミシミシ音が鳴る家庭もあるのではないでしょうか。

【床下収納を洗面所に作るメリット】
床下収納を取り付けたばかりのところでも異音が発生するケースはある様で、台所仕事の小さいストレスになってしまいます。
しかし、床下収納庫は収納的にあった方がいいと思う方も多いと思います。最近設置が増えている場所としては、洗面所があります。洗面所ならば床下収納の荷物も出し入れしやすいですし、床下メンテナンスを行う時も潜りやすくあります。最近はサニタリー用品や洗浄剤も多様化して、以外と保管場所に困ると思います。
台所のように床下収納のフタの上を歩く頻度も減りますので、嫌なミシミシ音を聞く心配が減ります。
洗面所のリフォームを行う時は、床下収納の設置も検討したいですね。

【床下収納の撤去も可能です】
今ある台所の床下収納も、フローリング工事に合わせて失くすことは可能です。
床の微妙な段差がなくなるので、掃除もしやすくなりますし、床も汚れにくくなります。
このように設備の本質を理解して、その時々の社会情勢に合わせて最適な使い方を考えることもリフォームの一つの魅力ではないでしょうか。

【収納リフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々な収納に関するリフォームのご相談に多数乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じた収納リフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、収納リフォームをお考えの方はいつでもお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【豆知識】ご自宅の収納リフォームのコツ

【収納】地震の際に危険な収納と対策をご紹介致します

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【豆知識】ご自宅の収納リフォームのコツ

収納
【リフォーム目的は人それぞれ】
住宅のリフォームというと古くなった設備を更新したり、壁や床を張り替えてお部屋のイメチェン的に、ファッションとしてリフォームを考えている方も少なくありません。
確かに最近のリフォームはファッション的な要素も大きいですが、実はリフォームにはもっと奥が深いものがあります。
同じ家に長年住んでいると、その環境が当たり前になって多少の不便も慣れでカバーされていると思います。
しかし、本当にそれでいいのでしょうか。正確な調査は行われていませんが、家の住まい環境が与える健康・学習への影響は大きいようです。きれいに整った家で生活すれば健康かつストレスの無い快適な生活をくることができます。

【内面的なリフォームの大切さ】
こうしたことは家族の中の一人に影響するのではなく、家族みんなに影響してきますので、住んている方それぞれが整理整頓を行い各自が出来る範囲での「内面的なリフォーム」というのも非常に重要であると考えられます。
少ない予算でこうした内面的なリフォームを実施するには、収納リフォームが特に有効的です。
長年生活した家には思い出の品が多くあり、片付けも難しいと思いますが押し入れや納戸などのハード面をすこし工夫することで収納力は大幅に向上します。
荷物がスッキリ片付いたお家の室内はすっきりして、ちょっとリフォームしたような感じにも見えるかもしれません。自分の家の散らかり様を他人に見られることは恥ずかしいですが、散らかったまま生活し続ける方が危険と考えられます。
テレビや雑誌ではリフォームにおける家族の精神的な変化を取り上げませんが、明らかに住みやすい家は家族にとって最高の空間となります。
納戸や押し入れの収納リフォームは10万円~30万円など予算に応じて、内容を検討できるので10年に一度は生活の変化に合わせて見直してみてはいかがでしょうか。

【収納リフォームのご相談は弊社まで!】
弊社ではイメージチェンジのリフォームや収納に関するリフォームのご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算などに応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、お気軽に弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【収納】地震の際に危険な収納と対策をご紹介致します

収納スペースを確保するリフォーム

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【収納】地震の際に危険な収納と対策をご紹介致します

収納
【棚の安全性】
家の住み心地を大きく左右するポイントの一つに「収納」があります。
一昔前は、部屋にタンスや本棚、食器棚が当たり前のように置かれていました。
しかし、度重なる大地震からそうした収納家具は危ない、という事が分かってきました。
お気に入りの家具を手放したくない気持ちも分かりますが、地震対策としては収納の形を変えることも視野に検討しなければなりません。
実際に東日本大震災の時も、食器棚が倒れて避難の妨げとなったり、本棚が倒れて出口がふさがれたりなど、有事の際に収納家具は様々な弊害となってしまいます。
現在多くの家庭で家具を天井や壁に固定する措置が取られていますが、突っ張り棒などは見た目があまり良くないものです。
お気に入りの家具も、リフォームでうまく安全に活用することもできます。

【収納リフォームの一例】
一般的な例としては、家具を壁面に埋め込む方法があります。
家具の側面等は見えなくなりますが、それでも正面や中は従来通り使う事ができます。
また壁に埋め込むことによって、地震が発生しても倒れてくる心配がありませんし、部屋のスペースを有効に使う事ができます。
使い慣れた家具をそのまま安全に、スリムに使える点で収納家具を埋め込むリフォームも行われています。

【造作家具の魅力】
特別収納家具に執着がない場合は、埋め込み家具以外に造作家具という方法もあります。
家具屋さんもしくは大工さんに手作りで家具を作ってもらうという方法ですね。
手作りというと安いようなイメージもありますが、たいていの場合で造作家具は思ったよりも高いものになります。
支払いの時に慌てないようにする為にも、事前に造作家具作成にかかる費用を確認しておくことが必要です。
家の収納というと、クローゼットや本棚などの収納スペースが足りない、と思う傾向になりがちです。
しかし、実際には使わないものやいらないものが多く、物の整理をすると収納スペースを拡大することもないケースがあります。2年から3年に一度は、衣類や本の整理をしてみると収納リフォームもいらないかもしれませんね。

【収納に関するリフォームも当社にご相談下さい!】
弊社では様々な収納に関するリフォームのご相談を受けさせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますので、収納に関するリフォームをお考えの方は是非一度弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

収納不足を解消する方法をご紹介

キッチンリフォームの際には収納も意識して

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【収納不足解消!】クローゼットへのリフォームが人気です

クローゼット
【将来の為にリフォームを】
最近のリフォームの傾向として多いパターンに「2人の老後の為に」という考えでリフォームを検討している方も多くいらっしゃいます。
子育てがひと段落して、子供たちもそれぞれで家を構えて生活している世帯も多いです。そうなると今まで子供用に使っていた部屋や収納が余ってきます。子供の思い出の品などを置きっぱなしにする傾向もありますが、可能な限り有効に使いたいですね。
また一昔前の建物というとリビングも狭い設計が目立ち、広いリビングに変更するリフォームもよくあります。
その時にリビングやキッチンなど以外にも目を向けてもらいたいポイントとして、クローゼットがあります。
部屋を広くしようと思うと、間取りの変更がすぐに思い浮かびますが、クローゼットをうまくリフォームすることでもお部屋を広くできます。
今あるクローゼットもお部屋的にリフォームすれば、今までより一回り大きい空間に部屋を広げることができます。間取りの変更などに比べると、工事にかかる手間も抑えられますので、低予算で実現できます。
また空き部屋があれば、個別に会ったクローゼットを一箇所にまとめて、空き部屋をウォークインクローゼットとして使うことも有効です。

【中でもウォークインクローゼットへのリフォームが人気です】
家の中のあちこちに収納があるとどこに何を終ったか分からなくなります。物が無くなるというのは年をとるごとにストレスに感じやすいです。そうしたことも、ウォークインクローゼットにまとめて収納すれば、物も管理しやすく快適に生活することができます。
従来の壁面クローゼットは、洋服が一列に並ぶのでお目当ての服を見つけやすい特徴があります。しかし、ウォークインクローゼットに比べると容積が狭く収納量が乏しい点がデメリットと考えられます。
ウォークインクローゼットは、スーツケースなどの大型の物も収納できる点が優れています。また服もカバンも雑貨もまとめて大容量に収納できます。しかし、壁面クローゼットに比べると大きな面積が必要となります。

弊社では様々な収納に関するリフォームのご相談に乗らせていただいておりますので、収納に関するリフォームをお考えの方は是非一度弊社までお気軽にご相談下さい。
お客様のご予算やニーズに合わせたリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

千葉リフォームブログ関連記事:

収納不足を解消する方法をご紹介

キッチンリフォームの際には収納も意識して

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

収納不足を解消する方法をご紹介

箱
リフォームを検討する際に抑えておきたいポイントとして「収納」があります。
トイレをリフォームするにしても、お風呂をリフォームするにしても、洗面をリフォームするにしても収納を考慮しておかないと、せっかくの新しい空間が台無しになってしまいます。

【収納有効活用の秘訣】
収納をうまく収める成功の秘訣としては、「余裕を持たせる」事があります。
たいていの場合、物は増えます。
例えばトイレにしてみると、トイレットペーパーや新しい洗剤が販売されて気になって購入すると収納棚にしまうものが増えます。
ほとんどの家庭で、物が減るよりは増える方が一般的です。
そのために当初思っていた収納棚では納まりきらなくなり、収納棚の外に置いたりして、結局は散らかってしまいます。
そのような事態を避けるポイントとしては、収納棚に余裕を持たせることです。
そうすれば多少物が増えても、仕舞っておくことはできますし、心にも余裕が生まれます。
スペース的な問題で収納棚を大きくできない場合は、床下収納庫を活用するのも一つの手です。
一般的には台所に床下収納庫は設けられますが、場合によっては洗面所に設けることも可能です。
使用頻度の少ない日用品やトイレットペーパーなどの在庫を仕舞っておくと、きれいに片付きます。

【本棚やクローゼットも要注意です】
水回りの他に抑えておきたい収納のポイントとしては、本棚があります。
あとクローゼットがあります。
この2つも基本的には増える傾向にあります。
そのため本棚は収納力の高いものが好ましいと考えられます。
既製品の棚で追いつかない場合は、リフォーム店さんと相談して造作の本棚も検討するといいかもしれません。
クローゼットについては、引き出しを多めに設けることによって、多少は収納面で融通がきくようになります。
ハンガーにつるすタイプは限界があります。
畳んで仕舞うタイプの引き出しは、案外たくさんの服やズボンを入れることができます。
家族全体の量を把握したうえで、うまく活用したいですね。
これらを試してもまだ収納が足りないと感じているのであれば、収納のリフォームを提案させていただきますので、是非一度当社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

押入れの有効活用法

収納スペースを確保するリフォーム

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

サイドバー2


上に戻る
お問い合わせはこちら

千葉ケアフルリフォーム
【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
TEL.
0120-017-246

【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

千葉県内のリフォームの事はいつでもお気軽にご相談下さい

安心価格で千葉県内のリフォームを丁寧にご提供させて頂きます!
千葉県内で一戸建てやマンション、店舗の内装工事やビルのリノベーション工事まで幅広いリフォームを安心の明朗価格でご提供しています。
是非他社と比較検討下さい!お安くしっかりとした施工内容で満足の行く施工をお約束致します。
ハイクラスなリフォーム、リノベーション業者を千葉県でお探しなら是非ご一報ください!

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室
会社のご案内個人情報の保護について | サイトマップ | ご相談・お問合せ
© 千葉 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.