千葉 リフォーム
ケアフル電話番号 ■サイトマップ

2013年7月の投稿一覧

キッチン壁紙リフォームについて

屋内でも特に壁紙が汚れる場所といえば、油ハネなどが気になるキッチンです。今日はそんなキッチンの壁紙のリフォームに関してご案内致します。

この場所は毎日のように炒め物や煮物、焼き魚など、さまざまな調理がなされる場所です。
そのため油や蒸気などで壁はじっとりと汚れており、触るものイヤなほどベトついています。壁紙をはりかえたいけど、お金がかかるのではと躊躇されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キッチンの広さと壁紙の質にもよりますが、業者さんに入ってもらうと20000~35000円が相場のようです。ボーナスや臨時収入が入ったときに、思いきってはり替えてもらうと空間が明るくなり、快適にすごせるようになるでしょう
。今までは触れるのもイヤだった壁に触りたくなる、そんな居心地のよい空間をつくるためにも、壁紙のはり替えは有効です。また万単位のお金を出したくないという方にピッタリな「自分で張れる壁紙」も販売されています。これはレンガ調や木目、花柄など、種類も豊富にそろえられており、自分のセンスに合ったものを張ることができます。

裏面がシールになっているタイプや、ノリを塗って張るタイプなど、用途に合わせたものが揃っているのも特徴です。自分で張れるので業者さんを頼る必要もなく、空いている時間に作業が行えるもの利点です。厚みがあり、素材感を出したデザイン性の高い商品なども販売されているので、自分でリフォームしたい方にはうってつけの商品です。

6畳部屋の壁・一面ほどの大きさで数千円ほどから販売されていますが、デザインや質感に凝ったものほど高価です。また手軽に張れる用具がセットにし”初心者セット”として売られているものもあるので、自宅のキッチンにあった商品を選ぶとよいでしょう。日曜大工が趣味のご主人がいらっしゃる場合は、キッチンの壁紙張りを手伝ってもらうと良いでしょう。
高いところも張らなくてはいけないので、男性がいると仕事がはかどります。キレイに張り終えたらキッチンはもちろん、気分もスッキリとするでしょう。

でもやはりキッチンの壁紙のリフォームはプロにしっかりとした施工をやってほしい!そういう方は当社へいつでもご連絡下さい。
格安で高品質な施工を当社は行います!

外壁のリフォームは定期的に行うのがおすすめ

今回は外壁のリフォームがおすすめな理由についてご紹介させて頂きます。

住宅というのは、定期的にメンテナンスやリフォームを行う必要が有るものと考えていく必要が有るものです。
そのようなことをおこなうことができれば、その住宅を長く快適に暮らすことにすることを可能にしてくれます。住宅は、非常に大きな金額をかけて手に入れる非常に大切なモノということができます。それを大切にしていくというのは、重要なことといえるでしょう。

住宅の中で最初にリフォームを必要とする部分としては、防水という部分です。屋根や外壁、窓の周りというのは、これに当たります。このようなものというのは、建物を雨などの水から守ると言う役目があるため、非常に重要な部分ということができます。このような部分を定期的にメンテナンスやリフォームを行うというのはおすすめ出来る方法です。

住宅というのは、湿気に弱いということができるものです。日本では、木造建築が多いという特徴がありますが、この木というのは、常に湿気った状態にあると腐ってしまうということがあります。このようなものを防いでくれる役割があるのが、屋根や外壁と言う部分です。

このような部分も、長期間使用していることで、ひび割れ、剥がれ、劣化等によってその性能が落ちてしまうということができます。そのようなものをそのまま放置してしまうと、大きなトラブル原因となってしまうことがあるため、そうなる前のメンテナンスやリフォームを行うということが必要になるということができます。

このような部分のメンテナンスやリフォームを行うときには、どのような建材を使用するかということもしっかり考えていく必要があります。基本的には、高価なものは見た目が良いというだけでなく、その耐久性も高いということができます。安く上げるということだけを考えるのではなく、その耐久性についても、しっかり考えていく必要がということをおすすめします。

住宅を大切にしていくと考えるときには、計画的にこのようなことを行うというのも大切なことです。

新築マンションのリフォームについて

リフォームと言えば、老朽化したお部屋をまるで新築のように治すことです。以前はそういう意味で使われていました。

実際今でも内装を自分好みに変えたり、配管設備などを最新のものにしたりというリフォームが人気なのは事実です。
もちろんお部屋そのものは築数年から数十年のものがほとんどです。しかし最近は新築であっててもリフォームしたいと言う人も増えてきました。せっかくの新築、綺麗なのにもったいないという考え方もありますが、どうせ住むのであれば自分好みの空間にしたい、という価値観が強くなってきているからです。

インテリアにこだわる人もどんどん増えていることとも関係あるでしょう。
一戸建てならともかく、マンションであれば大体の仕様は決定しているものです。中には事前に打ち合わせすればクロスなどはもちろん、間取りまで自由に変えられるマンションもありますが、たいていはそうではありません。

立地面など他の魅力があったから購入を決定したけど、お部屋は自分好みじゃないなんて、それじゃ悲しいですよね。ですがリフォームなら仕切りを無くして部屋を広くしたり、逆に仕切りを取り付けることも可能です。

また食洗器やIHなどは付いていることもあれば、付いていないこともあります。オプションで付ける場合、使用するメーカーがあらかじめ決まっていて選択肢がないこともあります。こだわりたい人はそれじゃ自分好みにできません。そういった場合に新築であってもリフォームを希望するのです。引っ越す前ですから、住んでからするより楽なのも事実です。

リフォームの見積もりはもちろんお部屋を見てからになります。きちんとした業者なら実物を見ないで済ませることはしません。見積もりの設計図などからどのくらいの費用がかかるのかを見積もってもらえれば、こちらの希望とのすり合わせがしやすく、また完成も早くなりますから嬉しいポイントです。インテリアや設備にこだわりがある人は、まず相談してみてください。

和室の壁紙リフォーム

壁紙のリフォームは、理屈としては自分たちで施工も可能とはいえ、当然ながら時間はたくさん必用になります。特に和室の場合は尚更です。

多くの人は、時間がないからプロに任せるものです。しかし逆に考えれば、今の日本では人件費が相当に高いので、時間をかければできることを自分たちだけででもやることができれば、リフォームのコストを大幅に削減できるということにもなります。

某建築家夫婦も、自宅のリフォームにおいて、自分たちでできる箇所は自分たちの手で施工したのです。
その記事をみて、「リフォームしたいのですが、自分たちにもセルフビルドできるでしょうか」という問合せが増えたそうです。セルフビルドに向いているのは、壁や天井を塗ったり、タイルを貼ったりという作業です。

なぜなら、今壁紙に貼ってあるクロスを剥がし、ついていた接着剤をはぎ取るなどという手間のかかる作業をやってくれる業者はまず少ないといっていいでしょう。つまり、壁紙や天井をクロスから和室用に塗り壁に替えるのを普通の業者に頼むと、だいたいは今あるクロスの上から直されることになるそうです。

クロスを張り替えるのならいくら下地のクロスを剥がした接着剤のあとを綺麗にしようとすると、大変な手間がかかります。
しかし和室用の壁紙に替えるとしたら、下地が汚かったら、上から縫ってもでこぼこがハッキリわかってしまいますから、下地を綺麗にすることが肝心なのです。だから、クロスをはがして古い接着剤を綺麗にとり、ペンキや漆喰を塗るという作業は、自分たちでなくてはできない、コストダウンにもなる、やりがいのある作業ともいえます。

タイル貼りや、無垢の木の床材や階段のオイル塗などの仕上げも素人でも比較的簡単にできる作業です。床など木部の防水やキズ、退色予防に、天然の植物オイル(ドイツのアウロやリボスなど)や、日本伝統の柿渋などの無害な材料で仕上げるのがおすすめです。
そうすれば、あらかじめウレタン塗装などしてあるフローリングなどを貼るより、よほど健康的な住まいが出来上がるのです。

浴室リフォームの工事日数

こちらでは、浴室のリフォームの工事日数についての記事をご紹介致します。

浴室は長い年月が経つと劣化が進んでカビが酷くなったり、水回りの部材が腐食したりします。15年程度を目安にリフォームを検討する必要があります。工事日数については、ユニットバスの交換であれば、2日から4日程度と比較的早くに終了となります。

解体撤去をした後に給湯や排水管の配管をし、搬入組立てをします。職人が組むことになりますが、小さいものなら比較的あっさり組み終わります。コーキングや器具の取り付け、配線などが一連の流れになります。工事期間中は自宅で入浴ができないため、早めの工事終了がありがたいです。

しかし、浴室のリフォームはマンションと戸建てでは工数が全く違ってきます。ユニットバスのマンションなら2、3日で終わりますが、戸建てで大がかりな工事であれば、3週間位かかったり。

商品の種類や現場の状況、オプションの数などによっても工期が左右されることがあるので、現場によって工事期間の違いが生じます。ユニットバスについては比較的短期間で工事が終わりますが、在来浴室のリフォームは現場の状況や工事の内容、給湯設備の状況によってさまざまです。

リフォームを考えたら、一度問い合わせをして、見積りや現場調査を依頼します。現状の浴室がユニットバスか、在来工法なのかによって、工事内容や設置できるユニットバスが絞られてきます。
ユニットバスは大きさが決まっているので、既存のスペースで設置できるものである程度決まります。ユニットバスの選択は非常に重要です。浴室にどのようなことを求めるかによって、種類が変わってきます。

ユニットバスが決まったら、発注を行います。発注してから納品まで2週間程度かかることが多いです。工事日数は2日から4日程度ですが、そのうち実際にお風呂に入れない日は1日か2日程度になりますが、実際に入浴できない日数を事前に確認しておくと良いです。
在来工法の浴室リフォームは日数が比較的長くかかり、現場によって違いがあるのでどの程度の日数がかかるのか一概にはわかりません。大工やタイル職人さんなど、それぞれの得意分野をもつ職人さんがそれぞれの場所を担当して仕上げていくので、場合によっては1ヶ月以上かかる時もあります。

リフォームで壁紙を木目調に

住宅というのは、いろいろな部分に手を加えることで長く快適に生活を送ることが出きる物にしていくということを可能にしてくれる物ということができます。
そのようなことを考えて、行くというのは、必要なことと言えます。住宅で、リフォームが必要になる部分としては、屋根や外壁と言う部分がありますが、このような部分というのは、住宅を雨や風から守ってくれるものとして、非常に大切な部分ということができます。壁紙を木目にしてみると気分が変わったり。

住宅を大切にすると言うことを考えるときには、このような部分を計画的に、改善していくと言うことを考える必要があると言えます。しかし、このような部分の工事というのは、大きな費用がかかる部分ということもできるため、気軽に行うことができません。
気軽にできるリフォームの方法として、非常におすすめな方法としては、内装のリフォームです。このような部分というのは、大きな費用をかけることなく、大きく気分を変えることができるようになるという点で、非常に効果的な方法ということができます。

住宅というのは、長く住むことになるものであるため、いろいろ変えてみるというのは有効なものです。壁紙を木目調にしてみる、床を自然素材にしてみるというのは、ぜんぜん印象が変わる物になるため、気分を大きく変えたいと考えるときには、魅力的な方法と言えるかもしれません。

その他にも、大きく気分を変える方法というのは、いろいろとあります。例えば、設備的な部分を変えるというのは、使い勝手の改善として、非常に有効な方法ということができます。住宅設備というのは、非常に進化している物ということもできますので、新しい物を取り入れることで、大きく使い勝手を向上させるということが可能になると言うこともできます。

住宅というのは非常に大切なものということができますので、いろいろ工夫して行くというのは、有効な方法と言えるでしょう。気に入ることが出きる物にしていくということが大切なことと言えます。

介護リフォームの補助金

これから介護リフォームを行うという方は、その時に補助金を利用することが出来る場合もあります。
なので一度その家が建っている地域の制度についてよく調べるようにしましょう。例えば一般的な介護用手すりを付けたり、床を畳からフローリングに変更するといった工事の場合、介護保険を利用することが出来る場合もあります。 

その保険を利用すれば現在は最高で20万円まで補助金が出るようになっています。介護用リフォームの場合、工事を伴う手すりを数本取り付けるだけで数万円はしますが、それを利用すれば実質数千円の負担で取り付けることが可能になります。 
その為、そのような国の補助金制度をうまく利用して、支出を減らしていく事が大切です。 

さらに、地方自治体によっても独自に補助金制度を設けているところもあります。例えば千葉県の浦安市ではその20万円とは別に、条件によっては50万円もの助成金を利用することが可能です。 
また、保険を利用した場合の補助金についてですが、償還払いと受領委任払いというものがあります。 
償還払いというのは初めにリフォーム代金を全て支払ってから、国の手続きを行いあとからその9割が戻ってくるというものです。これに対し受領委任払いは、初めから1割負担の金額分だけ支払えば工事が出来るというものです。

住宅のリフォームを行う際には受領委任払いを利用すれば、大金を一括で用意しなくても良いというメリットがあります。この償還払いと受領委任払いの違いは、地方自治体によって制度が異なってきますので、それらも事前に調べておくと良いでしょう。意外にこれらの制度を知らないという方は多いです。
ですので、要介護認定が出た高齢者様が住んでいらっしゃるご家庭の方は、ケアマネージャーに相談するようにして下さい。 

リフォームとケアマネージャーは関係ないように思われますが、国の補助金を利用する際には切っても切れない関係になります。これから介護がらみのリフォームを行う方は、まずケアマネージャーさんに相談されることをお勧めいたします。

マンションの間取りをリフォームで変更するには

マンションを二世帯で使用したり、こどもが大きくなったなどの理由でマンションの間取りをリフォームしたいということがあると思います。マンションの間取りそのものをリフォームで変えてしまうというのには、間取りやリフォームで使う材料や工法、また現状や仕上げ方により値段はさまざまです。

おおよそ十数万円~数百万円と、相場にも幅があります。また業者によって提供してもらえるサービス内容にも違いがあります。
そんな時に依頼する業者を選ぶのに役立つのが、口コミサイトです。これを利用することで、自分が求めているサービスを最安値で受けることができます。例えば、こどもが大きくなったので、子供部屋に壁を設置して子供部屋をわけてあげたい、という場合には相場で50000円から100000円となります。
この相場の幅の広さは、壁と床のクロスに違和感が出ないようにどこまでしてくれるかという仕上がりの具合によるものです。

また、ダイニングキッチンとリビングが壁や扉で仕切られているのを取り除き、リビングダイニングキッチンのひとつにしてしまいたいという場合は、相場で40万円から50万円と出ます。ただしリフォームしたいマンションが木造の時は、安全上、壁を取り除けても柱は取り除けません。
そのほか、不用部分の撤去料金も含めてこれぐらいの値段になります。これらは一例であり、古い住居であれば料金が上がってしまったり、間取りを変えたい部屋の広さが大きいと値段が上がったりと依頼主のマンションの現状によっては相場より高くなる時も低くなる時もあります。

ですので、きちんとした評判や口コミを確認する事をおすすめします。マンションの契約時の規約により、水周りのリフォームや間取りそのものを変更するということができない場合もありますので、そういった点の確認も抜けないようにしておくことが大切です。

確定申告でリフォーム代金が減税に

確定申告をうまく利用すると、リフォーム代金が減税になる事が有ります。今日はそういった、お得な減税対策をご紹介致します。

住居も長く住んでいるといろいろな場所に不備が出てきて補修工事が必要になる場合があります。
また最新の設備に替えた方が快適に過ごすことができるため、リフォームを行なう人が増えています。自分で家を建ててそれが改修時期を迎える50代、60代の人や、中古住宅を購入してそれを改修して住む30代の人の中でリフォームを検討する人が多くなっています。

平成21年度からローンを組まずにリフォームを行なう場合も、所得税の還付を受けることができる減税制度が導入されたため、資金面においてもリフォームがしやすくなっています。対象となるのは耐震、バリアフリー、省エネのために改修をおこなった場合です。これらは基準を満たしていれば確定申告をすることで、所得税額から控除されお金が戻ってきます。
耐震目的の場合は昭和56年5月31日以前に建築された建物が対象です。これ以前の建物は耐震基準が今と違っていたため、地震に弱く壊れたり倒壊する可能性があります。現行の耐震基準に合わせて改築、改修することで減税の対象になります。バリアフリーリフォームは要介護や要支援に認定されている人が同居している場合や、障害者がいる場合、介護や介助に必要なバリアフリー化をしたり、手すりを設置した時に適用されます。

風呂場やトイレの改修や、車椅子が通れるように廊下を広くするなども対象になっています。30万円を超える改修工事を行なった場合、10%の控除を受けることができます。省エネリフォームは太陽光発電を設置したり、天井や壁の断熱改修を行なう等エネルギーの使用を抑えたり再生可能エネルギーである太陽光発電を取り付けることで減税が行なわれます。※合計所得金額が3000万円以下の家庭が対象。

またローンを組んでバリアフリーや省エネ目的で自宅を改修した場合には、必要書類をそろえて確定申告を行なうとローン型減税が適用され、年末ローン残高の2%~1%が5年間、所得税から控除されますのでお得ですよ♪

トイレのリフォームで壁紙を張り替える

トイレという密室空間で一番重要なポイントは、その空間にいる間どれだけ快適に過ごせるかと言うポイントに重点が置かれます。
その利用方法や性質上あまり長時間留まる場所ではありませんが、やはり短時間の使用でもストレス無く用事を済ませられるほうが心と身体のリフレッシュにも有効なことです。

トイレという空間は、利用者にストレス無く快適な居心地を提供するために様々な工夫が凝らしてあります。
空間を良い香りで満たす芳香剤などもその工夫のひとつですが、嗅覚に関する工夫だけでなく視覚からの情報提供も、快適な居住空間を実現するためにとても重要なポイントとなってくるのです。トイレの快適な空間を演出するための何気ないポイントのひとつに、壁紙と言う要素があります。

壁紙は照明とのコンビネーションによって、その空間にいる人間に様々な効果をもたらしてくれると言われています。この視覚的な効果によって居住空間の雰囲気をガラリと変えてしまう壁紙を有効活用することが、トイレという一見殺風景な空間をストレス無く快適に過ごさせる居心地の良い空間へと変える方法です。壁紙と言う物は一見すると素人でも簡単に張り替えられるイメージがありますが、実は張替え作業は専用の職人によるスキルを必要とする難しい作業であるというのが現実です。

壁紙の張替えリフォームを行なう場合、壁紙だけでなく下地を全て取り替える必要性がありますが、最近の住宅は下地に耐熱ボードを打ち付けてあるのがほとんどなので、張替え作業には思った以上の時間と手間がかかります。

そのような時間と手間がかかる作業をより短期間に効率良く行なうためには、リフォーム専門に作業を請け負う建設会社に仕事を依頼するのが最も有効な手段となります。リフォームを行なう場合、部屋を作る作業以上に部屋を解体する作業のスピードが重要視されますが、リフォーム専門の業者に任せた場合には改築前の解体作業のスポードが早いので、余裕を持って改築作業に取り掛かることができると言うメリットがあります。

サイドバー2


上に戻る
お問い合わせはこちら

千葉ケアフルリフォーム
【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
TEL.
0120-017-246

【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

千葉県内のリフォームの事はいつでもお気軽にご相談下さい

安心価格で千葉県内のリフォームを丁寧にご提供させて頂きます!
千葉県内で一戸建てやマンション、店舗の内装工事やビルのリノベーション工事まで幅広いリフォームを安心の明朗価格でご提供しています。
是非他社と比較検討下さい!お安くしっかりとした施工内容で満足の行く施工をお約束致します。
ハイクラスなリフォーム、リノベーション業者を千葉県でお探しなら是非ご一報ください!

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室
会社のご案内個人情報の保護について | サイトマップ | ご相談・お問合せ
© 千葉 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.