千葉 リフォーム
ケアフル電話番号 ■サイトマップ

2013年9月の投稿一覧

太陽光発電に許可は必要?

一般的な住宅に太陽光発電を設置するにあたって特別な許可は必要ありません。ご自身の判断で太陽光パネルを付けて、発電することは可能です。しかし、発電量が大きくなってきて50kWを超える場合などは特別な許可が必要になります。まず各自治体や国から補助を受けられる出力量は10kW以下になります。10kWの次は50kWが一つの境になります。

50kW以下の太陽光発電は「一般用電気工作物」になり、届け出や許可は必要ありません。電気工事士の人が取り付け工事を行えば法律上は問題ないようになっています。50kWを超える場合は、「自家用電気工作物」になり、様々な手続きが必要になります。まず発電設備を維持管理していく義務が発生します。
次にその維持管理方法を定めた保安規定を届け出る義務が発生します。その保安業務を遂行する電気主任技術者を選任して届け出る必要があります。このように50kWを超えると様々な申請・許可が必要となってきます。近年全国的に広がってきている大規模太陽光発電などはこの部類に入るケースが多いようです。尚、2000kWを超える場合は、設置工事30日前までに工事計画書を届け出る必要があります。

最近増えてきている発電方法に、農地を活用した太陽光発電も活発に行われているようです。これは2013年3月に農地転用許可制度が変わったことが理由に挙げられます。それまでは農地に太陽光発電用の支柱を打ち込むことは許可されていませんでした。しかし、一時転用許可として支柱を打ち込むことが認められました。
すべての農地に太陽光発電が可能かどうかは言えませんので、各農業組合等に確認する必要があります。メリットとしては休耕地をうまく活かすことができます。
またハイブリッド式農地発電を行っているところもあるようです。畑の上にフレームを組み、比較的小型のパネルを数百枚設置して、農業と太陽光発電を掛け合わせたやり方です。農地で太陽光発電事業を行う場合は、農地の一時転用許可が必要になります。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
千葉県内のリフォームを格安にする事に当社がこだわる理由
高齢者でも楽に暮らせるリフォームを

増築できないケース

家の中に荷物が増えてきたり、住む人が増えたりして家の増築を検討されている方も多いと思います。
もうひと部屋あれば家の中がゆったりするのに、と考えている方もいらっしゃると思います。一昔前であれば、大工さんにお願いすれば1か月もあれば増築はできていました。しかし、現在では建築基準法の関係でむやみやたらに増築できないようになっています。

まず10平方メートルの面積を超える工事の場合は、役所への届け出が必要になります。そして所有している土地の建ぺい率に適合した建物しか建てることができません。いくら自分の土地でも、行政の制約が絡んできます。
制約を無視して建物を建てても、近所の人に通報されたりするとややこしくなります。工事中であれば、工事が中断されます。建物が完成していれば改善命令が出されます。場合によっては取り壊しまでの命令を出す法的力を持っています。取り壊されたという事例は聞いたことがありませんが、建築基準法では厳しい措置が設けられています。

増築の面積以外にも増築ができないケースがあります。それは建物の構造による問題です。RCや鉄骨住宅では増築ができないケースがあります。また無理に増築をしても不自然であったり、増築部分の耐久性が弱い物もあります。木造住宅の場合でも、母体の建物が古くて耐震性が弱いものでは、増築部分に負担がかかり危険なケースもあるので増築できない場合があります。特に2階部分を増築する場合は、耐震性のチェックが必要です。
リフォーム店さんと相談して、増築の可能性を探る必要があります。

他に増築できないケースとして、隣の家との関係があります。特に住宅地などでは、お互いの家の視線が気になるものです。それに加えて、増築した部屋の窓の向きによっては隣の家が嫌がります。隣の家に増築を阻止させる権利はないとしても、無視して増築すると後々が面倒にも考えられます。近隣への配慮も忘れずに増築を検討する方が無難といえそうです。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
千葉県内の一戸建てリフォーム費用、価格表
一戸建て住宅の外壁も含めたリフォーム

高齢者に適した住宅リフォーム

高齢者に適した住宅のリフォームを検討するシチュエーションは、3通りあると思います。一つは、高齢者の親が同居するようになった場合です。もう一つは、高齢者の親が病院などから退院してきて、家の環境を変える必要があるときです。最後に、中古住宅を購入して、高齢者用に売却、もしくは賃貸で運用するケースが考えられます。必要に迫られてリフォームを行う場合と、そうでない場合が考えられます。しかし、一般的には必要に迫られてリフォームを行うケースの方が、多いようです。

高齢者でも住みやすい家づくりというのは、高齢者主体で仕様設計を考える必要があります。どうすれば高齢者の人がストレスなく暮らせるかとしっかり考える必要があります。よく高齢者の場合は、寝室の近くにトイレがあった方がいいと考えがちです。
しかし、中にはきれい好きでトイレの臭いが嫌な人もいるでしょうし、食事を自分の部屋で取る高齢者の場合はトイレがすぐ近くにあるというのも気持ち悪いケースがあります。中には、台所で簡単な調理をする高齢者の方もいると思います。
最近では、ガスコンロにもセンサーが付いていますので一定の安心感はありますが、もしキッチンもリフォームするなら高齢者でも使いやすいような物を考えると、みんなで楽しく利用できます。
椅子に座って調理できるキッチンも販売されていますし、換気扇もコンロの手元のスイッチでオンオフを操作できる物も販売されています。高齢者に対して過保護になるのではなく、自分でできることはしてもらう方が本人にとっても好ましい傾向があるようです。
住宅用火災警報機は、寝室や階段の取り付けが通常ですが、念の為、キッチンにも熱感知式の火災警報器を設置しておくと安心できそうです。

高齢者といっても体格や障害、病状、性格は様々なので、決まりきったリフォームを行うのではなく、柔軟に対応する方が快適な暮らしを実現できそうです。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
バリアフリーのリフォームは大切なんです
古民家のリフォームで気を付ける事

リフォームローンの種類

リフォームを検討している人の悩みで最も多いのが、リフォーム費用です。リフォームと言いましても、それなりの費用が必要となりますので、その分を捻出するのは大変なことです。まして、家全体をリフォームしようと考えているのでしたら数百万円必要になってきますので、そう簡単に「リフォームしよう」というワケにはいきません。お金を捨てるほど持っているのでしたら話は別ですが、ほとんどのご家庭は生活費を切り詰めて日々の生活を送っているものです。

そんな時に重要になって来るのが住宅リフォームローンなのです。金融機関から販売されているこのローンは、一括でリフォーム費用を捻出するのが困難な方の為にとっても助かるローンです。住宅リフォームローンは大きく分けて2つの種類があり、「無担保型」と「有担保型」です。

無担保リフォームローンというのは、代表的なものとして民間金融機関が提供している住宅リフォームローンであり、抵当権の設定が不要となります。しかしその分、金利が高いというデメリットもあり返済で多少苦労してしまうことがあります。また借入金額も最大で500万円程度となり少ないですが、審査期間が短く、すぐに融資をしてもらうことが出来ます。

その一方で有担保住宅リフォームローンというのは、抵当権を設定する必要があります。しかし無担保の物とくらべて金利が低いメリットがあり、借入金額も5000万円程度まで可能となります。ただし審査が非常に厳しく、審査結果が出るまではある程度の日数が必要となります。

どちらの住宅リフォームローンにしろ、メリット・デメリットがありますので、どちらを選ぶのが正解というものはありませんが、貴方の現状と、これからを考えて選ぶようにしてください。それぞれの特徴をよく頭に入れておくことが大切です。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
リフォームローンの審査基準
リフォームのローン減税の申請は税務署で

壁紙等の内装リフォーム

壁紙等、内装のリフォーム内容って結構迷ってしまいがちです。もちろん内装と言いましてもいろいろとありますので、どの部分をリフォームしようと考えているのかはわかりませんが、ここでは今人気の内装リフォームについて簡単にご説明させていただきます。

今も昔も人気のあるのが壁紙のリフォームです。壁紙というのは、ちょっとしたことで見栄えが悪くなってしまいます。例えばお子様の落書き、猫のひっかき傷、タバコのヤニ、画鋲などの刺し跡などが挙げられます。一度見栄えが悪くなった壁紙は、そう簡単修復することが出来るものではなく、ほとんどの場合、張り替えが必要となってきます。この時、見栄えが悪い部分だけを張り替えれば良いと考えてしまうかもしれませんが、長年張り替えをしないで放置していた壁紙というのは、少なからず変色をしてしまっているものです。タバコを吸わないご家庭であっても、外部からの空気やホコリなどによって少しづつ気が付かない汚れが付着しています。
つまり一部分の張り替えでは、その部分だけが綺麗になってしまい、さらに見栄えが悪くなってしまいます。ですので、壁紙を張り替える際には、全面の張替えをするようにしてください。

壁紙程度の内装リフォームでしたら、リフォーム経験の無い素人の方だったとしても材料さえ揃っていれば張り替えをすることが出来るかもしれません。しかしどうしてもプロであるリフォーム会社の技術と比較をすると見劣りしてしまいます。特に素人の方が失敗しやすいのは、壁紙と壁の隙間に空気を入れてしまうことです。こうなるとその部分だけが非常に目立ってしまい、リフォームをした意味が無くなってしまいます。

ですので出来ればリフォーム会社に依頼をされた方が懸命です。費用はそれほど高額ではありませんので、生活に影響を与えてしまうこともないでしょう。事前にデザインをじっくりと考えて後になって後悔をしないようにしてください。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
天井壁紙のリフォームは、どのように行うべき?
キッチン壁紙リフォームについて

雨漏り修理のポイント

最近リフォームの問い合わせの中で意外にも多くなっているのが雨漏りの修理です。屋根があるのにも関わらず雨が部屋の中に侵入してきてしまう雨漏りは非常に厄介なトラブルです。もし電化製品にでも雨が付着してしまうと、故障の原因にもなり、余計な出費を支払わなければいけなくなります。すぐにでも雨漏りは修復するようにしましょう。

また雨漏りに対して「老朽化した屋根しか発生しない」と考えていませんか?しかしそれは大きな間違いなのです。建物自体の劣化はもちろんのこと、他にも雨漏りの原因はいくつか考えられます。「屋根の修復をすれば雨漏りは無くなる」と思っていて、リフォーム会社に調査をしてもらったら、大掛かりなリフォームが必要と診断されてしまうこともあるので注意が必要です。

もし雨漏りが発生したら、まずは屋根の老朽化を疑います。しかし先述した通り屋根が原因ではない可能性もあります。そもそも建物というのは様々な材料が一つの部品によって建てられているのではなく、非常に複雑な構成によって作られています。これは耐久性の向上にも繋がりますが、雨漏りを防止することにも繋がるのです。

屋根の防水コーキングが痩せてしまうと雨漏りが発生しやすく、またバルコニーの床面と雨の排水管の接続部から漏れてしまうこともあります。このように屋根だけが雨漏りの修復というワケでは無いのです。

しかも雨というのは上から降ってくるだけではありません。強風の日に雨が降ると横殴りの雨となりますので、建物の外壁の隙間から建物の内部を伝わり、雨漏りしてしまうことも考えられます。何が原因となって雨漏りをしてしまっているのか?っということを入念な検査によって特定します。

この特定はとても個人で出来るようなことではありません。明らかに目で見て「ここから雨が漏れている」ということがわかればある程度自分でも修復をすることが出来ますが、基本的には、原因不明なケースが多いです。

こういった雨漏りの修理においても、ケアフルまで一度お問合せ下さい。
懇切丁寧な施工をご提供致します。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
外壁リフォームでおすすめの塗料
屋根の塗装の効果について

外壁リフォームはお早めに

実際に長く過ごすこととなる居住空間というワケではありませんが、それでもリフォームをしておいた方が良い場所があります。それが外壁です。ほとんどの住宅では、建物の周囲に外壁を設置し、自分の土地を目で見てわかるようにしています。もちろん理由はそれだけではなく、外部からの侵入者を防いだり、生活を外から覗かれないようにするなどといった効果もあり、住宅には欠かすことの出来ない建造物と言えるでしょう。

そもそも住宅というのは、屋根で守られており、そして外壁にも守られています。これらの部分はただ設置をしているのではなく、塗装をすることによってさらに強度になっています。しかし塗装をした部分というのは、常に雨や風の影響を受け、そして太陽の光の下にさらされているワケですから、徐々に劣化してきてしまいます。
定期的にメンテンナンスを行わないと、見た目が悪くなってしまうのは当然のことですが、それ以上に大切な耐久性や遮音性、断熱性などといった生活空間で非常に重要となるものが低下してしまうのです。その結果建物自体にも影響を与えてしまい、建物の耐久性も低下してしまいます。

それを防ぐためにまずは外壁のリフォームをご検討してみてはいかがでしょうか?外壁に老朽化が目立ってきたらなるべき早目ご相談される事がおススメです。その前に自分なりに老朽化を調べる方法があります。
例えば外壁に指で触れてみてください。もしかして塗料の粉が手についていたりしませんか?これはまさに外壁の老朽化が始まっている証拠です。このまま長い間放置をしてしまいますと、外壁が水をどんどん吸収してしまい、変形したり、冬場には凍結してしまうことがあります。
最悪の場合、外壁が崩れてしまい大規模なリフォームが必要になってくることもありますので注意が必要です。その他にも「はがれ」や「ひび割れ」「結露による劣化」などを目視したらすぐにご相談下さいね。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事
屋根のリフォームはガルバリウム鋼板が丈夫です!
木造住宅の外壁リフォームのポイント

リノベーションの意味やメリット

最近リノベーションという言葉が頻繁に使われるようになりました。物件情報雑誌やサイトなどでも「リノベーション物件」と掲載されていることもあり、注目を集めていることはよくわかります。しかしそもそもリノベーション物件って何?っと疑問に思う人も多いでしょう。滅多に使わない言葉なので、聞いたことも無い人もいるかと思います。

リノベーションというのは日本語に直訳をすると「改善」「改修」といった意味を持っています。そう聞くと私達が普段一般的に使用をしているリフォームと同じと漢字ますが、実際には異なり、リフォームは原状回復という意味で使われ、リノベーションは、その原状回復だけではなく、何かしらの付加価値を加えるものとなります。

例えば壊れてしまった部品を取り替えたり、壁紙の張り替えをすることはリフォームとなります。リノベーションでもこれらの作業も含まれますが、それだけではなく、より快適に、そしてより安全性を向上させていきます。さらにデザイン性を変えるのもリノベーションとなります。つまりリフォームとリノベーションというのは全く異なるものだということがわかると思います。

そんなリノベーションされた物件というのは、「その物件に住んでいる人の様々なニーズに応え、そしてライフスタイルに合った空間が作り上げられている物件」ということになります。
リノベーションをするためにはまとまった高額費用が必要となりますが、一度全てを取り壊して新築するよりも費用は断然安く抑えることが出来ます。

新築物件を探している人の多くは、出来る限り費用を抑えたいと考えているものですが、新築ではなかなかそのニーズに応えることが出来ません。しかしリノベーション物件でしたら、新築とほぼ同様の機能性と快適性を持っているので、是非とも候補の一つとしてリノベーション物件を入れておくと良いでしょう。まずは不動産会社に出向いた時に、「リノベーション物件を紹介してください」と相談をしてみてください。

また、中古物件を購入してリノベーション工事を行いたいという方は、いつでもお気軽にケアフルまでご相談下さい。

お問合せダイヤル; 0120-017-246

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
千葉のリノベーション工事はお任せください!
オフィスビルのマンションへのリノベーション施工例のご紹介

押入れリフォームもおススメです

和室が設置されている住宅が減少傾向にありますが、それでもまだまだ和室好きの方は多く、長い年月愛用している人もいらっしゃることでしょう。そんな和室には必ずと言っていいほど押入れが設置されています。布団を収納したり、衣装ケースを収納したりと非常に便利な押入れですが、貴方はどのように有効活用されているでしょうか?驚くことに押入れを改造して、プチ子供部屋を作っているご家庭もあるようです。まさにドラえもんの世界ですね。

実はリフォームをすることによって、押入れを二段ベッド風にすることも出来るのです。しかし二段ベッドとなりますと、和室にはイメージがミスマッチです。その場合には、和室を洋室にするリフォームが必要となります。和室から洋室にすることで、押入れは様々な用途にリフォームをすることが出来ます。

先述しましたが、二段ベッドという発想もありますし、自分の趣味の物を飾っておくディスプレイ棚にもすることが出来ます。その場合、押入れ内の壁紙を変え、さらに前面にガラス張りのドアを設置することで、ディスプレイ棚に大変身します。また、似たような使い方になりますが、クローゼットにリフォームをすることも出来ます。
ただ押入れというのは、上下に分かれていますので、中央部分を取り外さなければ、クローゼットとして利用することが出来ません。クローゼットの場合、ハンガーにかけた状態で衣装を保存することになりますので、中央部分を取り外し、ハンガーラックを装着し、洋風のデザインの扉を取り付けます。これで押入れが、クローゼットに早変わりします。

しかしその前には、やはり洋室へのリフォームをするための見積もりをもらうことが先決です。洋室にしなければ、ディスプレイ棚もクローゼットも場違いな雰囲気となってしまいます。まずはリフォーム会社に洋室へのリフォームの見積もりをもらいましょう。

ケアフルでもこういった押入れのリフォームをさせて頂いております。
いつでもお気軽にご相談下さい。

お問合せダイヤル; 0120-017-246

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
和室の壁紙をリフォームするには
千葉県内のリフォームを格安にする事に当社がこだわる理由

屋根のリフォームはガルバリウム鋼板が丈夫です!

住宅の中で最も過酷な環境下で常設しているのがもちろん屋根です。最も老朽化が激しいのも屋根であり、リフォームによって屋根の耐久性を向上することが大切です。屋根のリフォームは簡単に説明しますと、既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材に張り替える工事となります。この時、古い屋根材を撤去することで、屋根の下地や野地板のメンテンスをすることが出来ますので、まさに一石二鳥のリフォームとも言えます。張り替えの対象となる屋根材の種類は数多くありますが、今最もオススメしたいのがガリバリウム鋼板です。

貴方はこのガリバリウム鋼板という言葉を聞いたことがあるでしょうか?比較的新しい住宅の屋根をよく確認してみますと、高い確率でこのガリバリウム鋼板が使用されています。以前から屋根材として使用されてきたトタンというのは、簡単に言いますと鉄の板に塗装をしただけのものですので、色が落ちやすく、またサビも発生しやすいというデメリットがあります。そのようなトタンの欠点を飛躍的に改善して生まれたのがこのガリバリウム鋼板なのです。耐食性、耐熱性、加工性に非常に優れており、材料はアルミニウムや亜鉛といったものを使用した合金メッキです。現在では住宅だけに限ったことではなく、工場や店舗など様々な建物に使用されています。

耐久性ですが、多くのメーカーでは保証が最低10年となっており、中には20年という長い年月保証対象となっているメーカーもあります。それだけメーカーも自信を持ってガリバリウム鋼板を推しているのです。ちなみに内陸では25年以上の耐久性があることがわかっています。

ガリバリウム鋼板のメリットはこのような機能性だけではなく、その他にも様々なデザインやカラーが選べることです。瓦のような屋根を演出したり、住宅の雰囲気に合わせてデザインを選べます。このようにガリバリウム鋼板によって作られた屋根は、機能面とデザイン面を持ったまさに理想的な屋根の形といえるのです。

この様な屋根のリフォームに適した素材、ガルバリウム鋼板で理想的なリフォームを検討されたい方は、ケアフルまでいつでもお問合せ下さいね。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
千葉の一戸建てのリフォームは安心低価格のケアフルにお任せ下さい!
屋根の塗装の効果について

サイドバー2


上に戻る
お問い合わせはこちら

千葉ケアフルリフォーム
【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
TEL.
0120-017-246

【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

千葉県内のリフォームの事はいつでもお気軽にご相談下さい

安心価格で千葉県内のリフォームを丁寧にご提供させて頂きます!
千葉県内で一戸建てやマンション、店舗の内装工事やビルのリノベーション工事まで幅広いリフォームを安心の明朗価格でご提供しています。
是非他社と比較検討下さい!お安くしっかりとした施工内容で満足の行く施工をお約束致します。
ハイクラスなリフォーム、リノベーション業者を千葉県でお探しなら是非ご一報ください!

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室
会社のご案内個人情報の保護について | サイトマップ | ご相談・お問合せ
© 千葉 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.