千葉 リフォーム
ケアフル電話番号 ■サイトマップ

2014年8月の投稿一覧

【窓】Low-Eガラスへのリフォームの魅力をご紹介致します

窓のリフォーム
【ペアガラスの普及】
現在、日本の新築住宅の9割以上の窓はペアガラス(複層ガラス)で施工されています。
ペアガラスも10年前の発売当初は高価なイメージでしたが、最近では価格も落ち着き窓ガラスの世界ではペアガラスが当たり前になってきています。
ぺアガラスだけでも高い断熱性能が期待できますが、最近ではもうワンランク上の「「Low-Eガラス」に需要がシフトしてきています。

【Low-Eガラスの魅力】
Low-Eガラスとは、ペアガラスの2枚のガラス内に特殊金属膜をコーティングして、遮熱や断熱を行うものになります。ペアガラスでも十分と感じる方がいるかもしれませんが、西日があたる窓や紫外線が気になる窓で活用することができます。
Low-Eガラスも内側のガラスに金属膜をはるか、室内側のガラスに金属膜を貼るかでは効果が違ってきます。
内側に貼った場合は、日差しをカットするタイプで遮熱効果があります。室内側に金属膜を貼った場合は、より高い断熱効果が期待できます。
実際の効果は普通のペアガラスに比べても大きく、遮熱についてはノーマルのペアガラスでは太陽の光が9割近く室内に入ってくるのに対して、遮熱仕様であれば4割ほどしか太陽の光が入ってきません。この結果、夏場の冷房コストを抑えることができ、日中でも快適に生活することができます。太陽の光が入ってこなくと、部屋が暗くなるのでは、と心配される方もいらっしゃいますが光量は確保できるようにLow-Eガラスはうまく設計されています。紫外線についても、ノーマルのペアガラスであれば約7割が室内に透過してきますが、遮熱仕様のペアガラスであれば8割の紫外線をカットしてくれます。

【遮熱仕様のLow-Eガラスもあります】
夏場の日差しが気になるような場所では「遮熱仕様のLow-Eガラス」が活躍しそうですね。
今までの日本の生活スタイルというと、暑い・寒い事については冷暖房器具に依存する傾向がありました。しかし、年々高騰する光熱費に順応していくためには、家のハード面もしっかりと対応しておくことが必要と考えられます。リフォームのついでに家の断熱化をしてみてはいかがでしょうか。

【窓のリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社では様々なメーカーの窓のお取り扱いや、リフォームのご相談を無料にて受けさせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じた窓のリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、窓のリフォームをご検討中の方はお気軽に弊社までお問い合わせいただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【断熱】真空ガラスの魅力をご紹介させていただきます

内窓のDIY方法と注意点をご紹介致します

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【お風呂】ミストサウナの魅力とサウナとの違い

お風呂
【人気のミストサウナ】
新築マンションや新築住宅でよく標準採用されている物に「ミストサウナ」があります。
体験された方も多いかもしれませんが、自宅にミストサウナが付いている人は満足しているのでしょうか。
ミストサウナ事態の効果は、美肌やリラックスといくつかあります。女性をターゲットにした商品ではありますが、正味なところゆっくりお風呂に入っていられない女性陣も多いようです。特にお子さんがいる世帯では、家事と子育て、仕事とミストが充満しきる前にお風呂を出ないといけません。
ゆっくりとお風呂に入れる時間がある方にお勧めしたい設備になります。

【ミストサウナの種類】
発売当初はガス式のみでしたが、最近は電気式のミストサウナも登場しています。オール電化住宅、オール電化マンションでもミストサウナが楽しめるようになっています。

【ミストサウナとサウナの違い】
この設備についてあまり知らない方は、勘違いしない様に気を付けたいこととして「本格的サウナとは違う」という事を認識しておかなければなりません。
サウナというと60度以上の高温になりますが、ミストサウナ運転中の浴室内温度は40度前後になります。浴室でガンガン汗をかいて、自宅でサウナを楽しむ、という内容ではない事を認識しておく必要があります。
銭湯の様な本格的なサウナが楽しみたい場合は、据え置き型のサウナを導入する必要があります。100万円前後で販売されています。

【ディスポーサーとは】
家の設備で標準品となっているものの微妙な設備としては「ディスポーサー」もあります。キッチンの生ごみを処理してくれる機械になりますが、好みが分かれます。
ディスポーサーはなんでも処理してくれるわけではなく、生ものメインになります。食品の包装紙やヒモ、繊維状のものはディスポーサー内部の機械に絡む可能性があります。
そんなことをイチイチ考えて調理できない、としてディスポーサーがあるにも関わらず使わない人も少なくありません。
食洗機も本当は便利なのですが、慣れていない、という理由で使わない家庭もちらちら見かけます。
こうした設備の満足度も、リフォームの時に参考にしたいですよね。

【お風呂のリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社では様々なメーカーのお風呂の取り扱いや無料でお風呂リフォームのご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたお風呂リフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、お風呂のリフォームをご検討中の方はお気軽に弊社までお問い合わせいただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【水回り】お風呂には様々な効果があります

【プライバシー】リフォームで脱衣所を作ることが出来ます

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【節約?】ミニバー設置で自宅飲みが楽しくなります!

バー
【ミニキッチンやミニバーが人気です】
近年はライフスタイルも多様化して、ミニキッチンやミニバーを寝室、プライベートルームに設置される方も増えてきています。新築をはじめ、リフォームでもこうした家づくりは行われています。
一昔前は、マイホームで欲しい物というと書斎が多くありましたが、最近ではホームシアターや地下室、バーなど娯楽的な空間を求める傾向にあります。
家の外で娯楽を楽しむより、家で娯楽をする方が安心する家族もいらっしゃるでしょうし、時間を無駄にすることなく自分のペースで楽しめる特徴もあります。

【ミニバーのコストパフォーマンス】
特にバーなどお酒は、外に飲みに行くと高くつきます。飲みに行くところもよりますが、家飲みと外飲みを比べると5倍から8倍はコストが違ってくるのではないでしょうか。
60歳ぐらいになると、家一軒分を酒に使ったという人も珍しくないと思います。男性陣は武勇伝的にお金をたくさん使った事を自慢しますが、当人以外の他の家族は決していい様には思わないと思います。
家族にお酒が好きな方がいる場合は、バーのセッティングも考えたいですね。チョット資金面で余裕のある方は、ウィンセラーや生ビールのセットも置いてしまえば気軽にホームパーティーを楽しめますよね。
リビングでホームパーティーを楽しむのもいいですが、チョット違う雰囲気のマイホーム・バーもいいですよね。

【ミニキッチンやミニバー設置のポイント】
リフォームでバーを設置する時は、排水管が取れるかどうかがポイントになってきます。
建物の1階にセットする場合は、だいたいの場合で大丈夫ですが2階にセットするとなると、1階天井と2階床面の間に十分な隙間が無い事があります。
また2階バーの下がおばあちゃんの寝室だったりすると、ミニキッチンの排水音がうるさくあります。
家族の理解を得るためにも、他の家族に迷惑のかからない様に努力する必要がありますね。
ちなみに女性陣は、露天風呂やパウダールームがマイホームに欲しい、と言われています。
男性は書斎などがあるのに女性の部屋はない、というのはどうも不公平なようですね。

【ミニキッチンやミニバー設置リフォームのご相談は弊社まで!】
弊社ではミニキッチンやミニバー設置のご相談にも乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますのでリフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【バリアフリー】高齢者向けキッチンの魅力をご紹介致します

【大人気】大理石を使ったリフォームの魅力と種類をご紹介!

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【ホームエレベーター】ジョイモダンシリーズの魅力をご紹介致します

エレベーター
【ホームエレベーターの魅力】
高齢化社会の現代において注目されている住宅設備として「ホームエレベーター」があります。
子育てが終わった世代や足が悪くなった世帯などにホームエレベーターの需要があります。
実際にホームエレベーターを利用している人の話を聞いてみると、「家の中で移動する時にストレスがなくなった」「2階から安心して1階に降りられる」という好評の声があります。

【家庭の事故が一番多い階段】
実際に一般家庭の中で一番多い事故は「階段」です。特に降りるときに足を踏み外したりして、転落することがあります。毎年死者も出ている階段なので、設置が可能ならばホームエレベーターが安心のアイテムになります。

【ジョイモダンシリーズの魅力】
ホームエレベーターというと少し地味なイメージもありますが、2012年11月にパナソニックから発売されたジョイモダンシリーズはオシャレで、今風のインテリアともマッチします。設置スペースがコンパクトな仕様にも関わらず、室内は広々して3人乗りタイプと2人乗りタイプが用意されています。設置には0.3から0.6坪の面積が必要になります。
あとエレベーターを取り付けるにあたっては、ピット深さが必要になりますが、ジョイモダンでは業界最小となる200mmのピット深さを実現しています。床下に200mm以上空きスペースがあれば取り付けでき、殆どの家庭で取り付けが可能となっています。ちなみにパナソニック以外のホームエレベーターは、ピット深さが550mm以上必要になってきます。

【ホームエレベーターの電気代】
気になる電気代ですが、パナソニックの旧ホームエレベーターよりも省エネ化が進み、一カ月あたり340円の電気代で使えるようになっています。一日あたり電気代10円でホームエレベーターが使えると思ったら安いもんですよね。
ホームエレベーターは木造住宅でも施工可能で、エレベーターの動きを固定するために家の中に自立鉄塔を組み立てます。エレベーターのフレームの様なものですね。
ホームエレベーターの金額は、3人乗り仕様で機器に約300万円、自立鉄塔工事に100万円、合計400万円かかります。リフォーム的には高額ですが、命には代えられない大事な環境づくりになります。

【ホームエレベーターのご相談は弊社まで!】
弊社ではバリアフリーリフォームやホームエレベータ設置に関するリフォームのご相談にも乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、バリアフリーやホームエレベーターなどのリフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

バリアフリー工事でご高齢者に配慮した快適な家へ

【千葉】バリアフリーリフォームの大切さと一例

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【キッチン】ガスコンロ設置をDIYする方はご注意ください

ガスコンロ
【ガスコンロをDIYする際の注意点】
最近はインターネットやホームセンターでなんでも手に入る時代になってきています。住宅設備も例外ではなく、ガスコンロやガス給湯器なども一個人が格安で購入できるようになっています。
またDIYブームもあり自分で自分の家を作る、という趣向が強くなってきています。
ここで専門家としては、事態がエスカレートして事故が起きないか心配するところもあります。
特にガス器具の交換については、甘く見ていると大変な事態を引き起こす事態になりかねないと考えられます。
基本的に住宅用ガス器具を交換するには「可とう管工事・内管工事」の資格が必要になります。器具の取り換え時には、まず元の機械を外す前に既設管のガス漏洩検査が必要になります。万が一、ガスが漏れている場合は漏れを直すまでは機械の交換を行う事ができません。
ガス漏洩検査後、漏れがなければ新しい器具に交換し、再度ガス漏れチェックを行い工事完了となります。ちょっと器用な方は、こんなもの自分でできる、と思いがちですが、案外心の奥底で「大丈夫かな」と残りやすいものです。
小さいストレスを抱えるよりは、安心を手に入れる方が毎日を楽しく過ごせそうですね。
最近のガスコンロはビルトインガスコンロがほとんどで、簡単に交換できないものも増えていますので、不安な方は弊社までお気軽にご相談下さい。

【ガスコンロ選びのポイント】
新築やリフォームでビルトインコンロを新調する場合は、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
よく火力の調整で火力調整のつまみをかがんでみたり、火加減をかがんでみたりしますが、それは過去の話です。ビルトインタイプを選ぶ時は、上からでも火力や操作が簡単に正確に行える物を選ぶ方が、使いやすくあります。イチイチかがんでいると、疲れますよね。
意外と見落としがちなポイントとしては、グリルの排気口があります。コンロの奥側に排気口は設けられていますが、清掃性や落下性など注意深く観察しておく必要があります。

【ビルトインガスコンロの取付や交換のご相談は弊社まで!】
弊社では様々なキッチンに関するリフォームのご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますのでお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【キッチン】電磁調理器(IH)選びのポイントをご紹介!

【お風呂】便利な「自動ぶろ」機能はリフォームで追加することが可能

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【水回り】お風呂には様々な効果があります

お風呂
【人気のお風呂リフォームの魅力】
日本人にとって欠かせない空間と言えば「お風呂」ですよね。
リフォームとお風呂の関係も深く、恐らくリフォーム工事の人気トップ3に「お風呂」が入ります。
従来のお風呂は、汚れた体を洗って体を温める場所でした。最近では忙しいせいか、湯船につかる人も減ってきているようですね。
特に一人暮らしの方などは湯船をためる作業が面倒だったり、ゆっくりお風呂につかるよりテレビを見ていた方がいいのかもしれないですね。
しかし、本当にそれでいいのでしょうか。

【体を温める以外のお風呂効果】
湯船につかるという行為は、体を温めるだけでなく様々な効果が期待されていることはご存知でしょうか。
快眠、美肌、冷え性、腰痛、血圧、リラックス、など複合的な効果が入浴には期待されています。
また、ただお風呂にお湯を溜めて入浴するというのではなく、温度・湯量などを適切に設定することでより確かな効果を得ることができます。

【最新のお風呂設備】
最近のお風呂設備ではこうした入浴効果をサポートする「マイクロバブル」や「半身浴」仕様のユニットバスも販売されています。お風呂のリフォームの時に、我が家は湯船につからないから、お湯を溜めないから、という意見も多いですがお風呂のあり方を今一度チェックしてみるとより快適な住まいに生まれ変わるかもしれないですね。家の中に快適なお風呂があると、家族みんなが笑顔になります。
ちなみに半身浴仕様のユニットバスにすると冬は使いにくいのでは?と心配される方もいらっしゃいます。またバスタブの掃除が面倒では?などの意見もあります。
冬場の対策については、湯量を増やしたり、座る場所を深い方にすると冬場でもストレスなく入浴を楽しむ事ができます。また湯船内の段差については、殆どの商品で汚れが付きにくいバスタブに加工されていますので、従来のバスタブとそれほど清掃面でストレスに感じることはないと思います。
半身浴仕様のバスタブは、他のバスタブに比べると同じ推移でも水量が少なくて済みますので、エコな暮らしにも役立ってくれますね。

【お風呂リフォームのご相談は弊社まで!】
弊社では様々なお風呂リフォームのご相談に乗らせていただいており、各種メーカーのお風呂の取り扱いをさせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、お風呂のリフォームをお考えの方は是非一度弊社までお問い合わせ下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【お風呂】便利な「自動ぶろ」機能はリフォームで追加することが可能

【快適】自宅のお風呂をジェットバスにリフォーム出来ます

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【コンパクト】平屋の魅力をご紹介させていただきます

窓
【平屋のイメージ】
平屋の家というとおじいちゃんやおばあちゃんをイメージしがちですが、実は住み心地としてはなかなかのものです。マンションの一室の様なレイアウトで、尚且つ隣には他の世帯が隣接していないのでプライベートな時間を楽しむ事ができます。
今のように建築技術が向上するまでは平屋が一般的でしたが、建築基準法や核家族化など時代の流れによって2階建、3階建の住宅が一般的になってきました。
多くの住宅購入希望者の中に「平屋」という選択肢はないかもしれませんが、少し平屋について確認してみます。

【平屋の魅力】
平屋には階段などがなく、掃除の時間が短くて済むことが魅力の一つです。
そして、訪問者が来てもすぐに応対できたり、買い物から帰ってきてもすべて1階に収納するので、シンプルに生活できるのが平屋の魅力です。
平屋だと容積が小さいので収納が足りるのかな、と心配されがちですが必要な物と不必要な物を整理すると案外納まるようです。
布団や洋服も真空タイプの収納袋が安く売られていますので、そうしたものを活用したり、ベッド下に収納ができるものを選ぶとそれほど不便ではないみたいです。
コンパクトに収納できると服や食品の管理もしやすく、買い物もシンプルに無駄のない生活ができるみたいですね。窓ふきなどの外回りのメンテナンスも、平屋だと手軽にでき三脚があれば女性の方でも窓ふきできちゃうみたいですね。2階や3階に窓があると拭きにくい場所もありますが、平屋ではこうした心配がありません。火災等の有事の時も平屋の場合は、すぐに家から脱出することができます。
このように平屋は住みやすい物なので、敷地に余裕のなる方は参考にしてみると良さそうです。
中古物件+リフォームの案件でも平屋の方が施工費を抑えることができますね。

【平屋のリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社では平屋リフォームのご相談にも乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、平屋のリフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

増築できないケース

【見積無料】増築に関するリフォームのご相談も弊社までご相談下さい

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【千葉】自宅で楽器演奏する為に防音リフォームがお勧めです

ピアノ
【楽器上達のコツ】
一昔前までは高価で手が出せなかったサックスやヴァイオリンも、最近では一般人でも手が届く価格となってきて、大人の趣味として注目を集めています。
40代、50代の多くの男性にとってサックスやヴァイオリンは、ステータスの象徴となっているようです。
しかし、殆どのケースで家で練習できない、家族に嫌がられる、と二の足を踏んでいる方も多いようです。
またお嬢さんがいるお家では家でピアノを練習したい、と要求されているお家も多いと思います。
楽器と音の問題は重要で、キチンと音の対策を行っているかどうかで上達の具合も変わってくるようです。
周りを気にしながら練習するのと周りを気にせずに練習するのでは精神的に大きく違ってきます。

【マンションの場合】
マンションの場合は防音工事・防音リフォームに限界がありますが、戸建ての場合は比較的柔軟に防音工事を行う事ができます。
防音工事の内容としては、部屋一室を防音化するリフォームと部屋の一部を防音化するリフォームがあります。
お部屋の広さによっても内容は分かれてきますが、工事にかかる費用としてはどちらも同じぐらいになってきます。お部屋の防音性を上げるためには、窓と戸が重要になってきます。
窓は縦長の方が防音効果が高いとされていますが、2重窓を利用するなどして従来の窓をそのまま生かすこともできます。戸については気密性が関係してきますので、音が漏れにくいようにする為にも防音効果のある戸に交換することが必要かもしれません。

【防音リフォームのご相談は弊社まで!】
防音のリフォームは通常のリフォームと違って、専門的な知識や経験も必要になってきます。
またご自宅の一室に防音室を作る何で方法もあり、サイズは電話ボックス一つ分程度のものからピアノが入るようなものまであります。
最近はマンションでも「ピアノ可」としているところがあるようですが、多くの物件でピアノ音に悩まされているかと思いますので、防音に関するリフォームをお考えの方は弊社までお気軽にご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【憧れ】地下室をリフォームで手に入れる方法をご紹介!

【快適!】2重床へリフォームすることが出来ます

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【千葉】バリアフリーリフォームの大切さと一例

バリアフリー
【バリアフリーの本当の意味】
住宅用のバリアフリーというと、段差を取り払ったり、手すりをつけたりとハード面ばかりに意識が傾きますが、本当の意味のバリアフリーはもっと意味の深いものになります。
そもそもバリアとは、障害の事です。この障害は人によって異なり、多少段差があっても気にならないという高齢の方も中にはいらっしゃいます。
しかし、耳が悪くて玄関ベルの音が聞こえなくて困っている、腰が悪くて洗濯が苦痛と感じている等人それぞれ何だかの障害があると思います。
住宅リフォームのバリアフリーでは、一般的な障害以外にも上記のような個別の障害にも柔軟に対応することができます。

【玄関ベルのバリアフリー化】
例えば、玄関ベルについてです。チャイムの音が聞こえない、という障害に対してはいくつかの改善策が考えられます。一つはベルの音を大きくすることです、他には補聴器、室内点灯ランプと連動する、スマホと玄関カメラを連動する、インターホンの子機を活用する、など一つの問題を解決するにもいくつかの改善策を提案することができます。

【台所のバリアフリー化】
台所仕事を苦痛に感じている方には、座って調理するキッチンも提案する事ができます。最近宅食の市場が急上昇していますが、恐らく家で調理をしなくなった人が増えた結果と考えられます。
確かに宅食は、安価で栄養バランスも整っていて便利ですが、作って食べる喜びが無くなってしまいます。
ちょっとした旬の料理でも、気軽に自分で調理して食べられるとおいしいですし、楽しいものです。
もしも設備的な問題で、調理に負担がある場合はリフォームで適切な解決策を探ってみることもおもしろいかもしれませんね。
基本的にはどんな最新最高の設備でも全くバリアがない家なんてないと思います。
それは5つ星ホテルに1カ月住めばストレスをまったく感じないかというとそうでもなく、やはり人間大なり小なりストレスを感じるものです。
自宅においては、安全・防災という点においては環境を整えておきたいところですね。

【バリアフリーに関するご相談は弊社まで!】
弊社ではお客様のご要望やご予算に応じたバリアフリーリフォームのご提案を無料でさせていただいております。
なんでも構いません。もしご自宅に不便さを感じている時には是非一度弊社までお気軽にご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【バリアフリー】老後を考えたリフォームが人気です

【バリアフリー】高齢者向けキッチンの魅力をご紹介致します

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【和室】ふすまの欠点をリフォームで改善!

ふすま
【ふすまや障子が不人気な理由】
若年層に和室が嫌われる要素のひとつに「ふすま」や「障子」があります。
最近の建て売り住宅やマンションでは、ふすまや障子を見る機会が減ってきてなじみが薄いことも考えられますが、破れたり採光性が悪いことも不人気な要因と考えられます。

【ふすまの魅力】
ふすまは、ひとつの建物において部屋の広さを柔軟に変えられるという特徴があります。ふすまを抜けば一つの広い空間になりますし、ふすまを入れれば個室に仕切ることができます。
昔は葬式や法事などをする時は、自宅で行っていたのでこうした広い空間が必要でしたが、今はセレモニーホールが全国各地で用意されて、こうしたスペースが必要で無くなってきています。
またふすまは紙でできており、定期的に貼り替えないと変色や破損によって見た目が著しく悪くなります。特に小さいお子さんがいるお家やペットと一緒に住んでいるお家では、すぐにふすまが破れてしまいます。
また紙でできていることから、光を通しにくいデメリットもあります。昼間でも明りをつけないと暗いですし、湿気もこもりがちになります。

【ふすまリフォームポイント】
こうしたふすまの対策として2つの解決策があります。一つはふすまを引き戸にリフォームする方法です。木製の引き戸に変更することによって、耐久性は格段に向上しますし戸にガラスを設けることで採光性も向上します。
2,3日の工事で比較的簡単に安くお部屋のイメージを変えることができます。
もうひとつの方法は、破れない障子紙に張り替える方法です。化学繊維でできた商品が主流で、紙の襖紙に比べると格段に耐久性と採光性が上がります。
このように和室全体をリフォームするとなると多額の予算が必要となりますが、ふすまなどのネックな点だけを絞ってリフォームすることも有効かもしれません。
もちろんふすまとして利用し続けることも素晴らしいので、ふすまの縁や柄、取っての部分を一工夫して使い続けることも、とってもオシャレではないでしょうか。

【和室のリフォームは弊社までご相談下さい!】
弊社では和室を洋室に変えるリフォームや和室を蘇らせるリフォームの施工やご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、和室に関するリフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【和室】床の間の活用方法をご紹介致します

【土壁】和室が不人気な理由と対策リフォーム方法をご紹介

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

サイドバー2


上に戻る
お問い合わせはこちら

千葉ケアフルリフォーム
【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
TEL.
0120-017-246

【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

千葉県内のリフォームの事はいつでもお気軽にご相談下さい

安心価格で千葉県内のリフォームを丁寧にご提供させて頂きます!
千葉県内で一戸建てやマンション、店舗の内装工事やビルのリノベーション工事まで幅広いリフォームを安心の明朗価格でご提供しています。
是非他社と比較検討下さい!お安くしっかりとした施工内容で満足の行く施工をお約束致します。
ハイクラスなリフォーム、リノベーション業者を千葉県でお探しなら是非ご一報ください!

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室
会社のご案内個人情報の保護について | サイトマップ | ご相談・お問合せ
© 千葉 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.