千葉 リフォーム
ケアフル電話番号 ■サイトマップ

『キッチンリフォーム』タグの付いた投稿

キッチンは既製品と造作どちらでリフォームするのが良い?

キッチンの造作工事
キッチンをこれからリフォームしようと思う方の中で、「既製品にするか」「造作キッチンにするか」と悩まれるケースも多いと思います。

既製品のキッチンでは、いくらカラーや扉、収納にパターンがあっても、一目で既製品と分かりますし、個性がさえません。一方、造作で作られるキッチンはおしゃれで個性的で、使ってみたいな、お気に入り、という雰囲気がしてきます。

実際に、どちらのキッチンを選べばいいのでしょうか?今回はそう言った、既製品のキッチンと造作の物それぞれのメリットデメリットをご紹介させて頂きます。

キッチンリフォームは既製品と造作で作成した物どちらを選ぶべき?

まず導入コストですが、イメージで造作の方が安い、と思っている方もいらっしゃると思いますが、コスパで考えると既製のシステムキッチンの方が安く仕上がります。 (さらに…)

クリナップのシステムキッチンrakuera(ラクエラ)の魅力!

ラクエラ

キッチンのリフォームを考えた時に、皆様はどのあたりをゴールとして計画されていますでしょうか。多くの場合、今までなかった機能や設備が加わるとそれで満足してしまいがちです。

予算や工期など、いろいろ考えることはあると思いますが「家具的な視点」でキッチンを検討してみるとおもしろいです。

デザイン性の高いシステムキッチンrakuera(ラクエラ)

先日9月30日には、クリナップから「キッチンを家具として考える」というコンセプトのもと、新しいキッチンが登場しました。

システムキッチン「rakuera(ラクエラ)」を改良し、デザイン性とリフォーム対応力を向上 (さらに…)

【キッチン】サービスヤードのリフォームがお勧めです

キッチン
【ショールームの魅力】
リフォームというのは限りなく創造的でゴールのない、ちょっと変わった工作物になると思います。
こっちの方がいいかな、あっちの方がいいかな、限りないパターンと材料で消費者を悩ます一方、個性を生み出してくれます。
ちょっとしたコツを掴むと、リフォームがとっても楽しくなりますし、家についても興味を持つようになり適切なメンテナンス方法も身についてきます。
あまりリフォームに興味のなかった方のチャンネルが変わるポイントとしては、「ショールーム」があります。
住宅展示場と違うショールームには、開放的な雰囲気と見たこともない設備、頼りになるメーカースタッフが親切に対応してくれます。
奥さまはキッチンをリフォームしたいけれど、家族が乗り気でない、特にご主人、というお家も多いと思います。
買物やついでの用事でショールームに行くと、今まで全く興味を示さなかったご主人が一新して新しいキッチンを望むケースもよくあります。
やっぱりテレビや雑誌で見るより本物を見る方が、インパクトがあるみたいですね。
これが住宅展示場だと、どうしても過剰な営業を受けないか心配して新しいものを取り入れるだけの心の余裕がなくなってしまう傾向にあるようです。

【サービスヤードを見直してみましょう】
めでたく家族の同意が得られた時は、今度はせっかくなのでキッチンに附随する設備のリフォームも考えておいた方が得策といえます。
例えばキッチン周りでは、収納、サービスヤードが関係してきます。
カップボードや食器棚はキッチンリフォームにほぼ必然的に関係してくると思いますが、サービスヤードには手をつけない方が多いように思います。
サービスヤードには、ゴミ箱や屋外用品が置かれていると思いますが、ここが機能的であればキッチンや毎日の生活もより快適になります。
一番は、乱雑になりやすいところなので、なるべく広い作業空間を確保できるように収納を見直すことをお勧めします。サービスヤードが広く清潔であれば、ゴキブリなども発生しにくく気持ちよくゴミの始末を行う事ができますね。

【キッチンのリフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々なキッチンのリフォームの施工を行わせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますので、キッチンのリフォームをお考えの方はいつでも弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【バリアフリー】老後を考えたリフォームが人気です

【便利】RC住宅の強い味方「劣化診断システム」とは

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【注意】ご自宅でのガスの事故にお気を付けください

コンロ
【ガスコンロ、ガスによる事故発生件数】
先日あるお客さんからガス漏れ警報器について相談されて、詳しく調べてみると驚きの事実が確認されました。
近年ガスコンロ、ガスによる事故発生件数が増えてきているという事です。
ガス警報器工業会によると、1980年ごろからの統計によると、1990年代半ばは事故発生件数が100件を下回っていましたが、2010年ごろから再び事故発生件数が増えて2012年は年間に都市ガス、LPガス共に250件以上のガス関連事故が発生しています。
そのガス事故の内容としては、半数以上がガス漏洩着火で2012年は死亡が出なかったものの、2011年、2010年には数名の方がガス漏洩着火を原因お亡くなりになっています。
ガス事故のほとんどは一般家庭ですが、業務用厨房からのガス事故も毎年10件程度発生している現状があります。
今どきガスなんて漏れるはずがない、と思っている方も多いと思いますが、現状を踏まえるとガスに対する意識も高めておいた方がいいと言えるでしょう。

【ガス漏れ警報器のコスト】
ガス漏れ警報器は、ホームセンターやインターネット通販でも販売されていますし、お近くのガスショップにも依頼することができます。ガス料金を支払っているガス屋さんに尋ねてみるといいですよね。
商品自体は7,000円ぐらいで、5年毎の交換となっている商品がほとんどです。
設置についてはいくつか条件がありますので、規定の条件で設置されていなければ折角機械は付いているのに、警報されないという事もありますので、よく確認する必要があります。
そもそものガス漏洩については、ガスホースの老朽化、接続不良などがあります。
リフォームにおいて気をつけたいこととしては、無免許でガスコンロを交換しないという事です。現在ネット通販でもガスコンロを購入することはできますし、少しマニュアルを見れば初めての方でもコンロの交換ができてしまいます。
しかし、本来のガスコンロ交換にはガスに関する資格が必要で、交換前、交換後にガス漏れのチェックが必ず行われます。
ガス漏れが確認されると、コンロの交換は中断されるほど厳格な作業となっています。

【キッチン回りのリフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々なキッチン回りのリフォームの施工を行わせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますので、キッチン回りのリフォームをお考えの方はいつでも弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【お洒落】輸入キッチンの魅力と注意点をご紹介致します

【キッチン】ガスコンロ設置をDIYする方はご注意ください

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【お洒落】輸入キッチンの魅力と注意点をご紹介致します

キッチン
【個性的なキッチンにしたいのなら】
キッチンスペースのリフォームをお考えの方の中には、みんなとは違う個性的なキッチンを考えている方もいらっしゃると思います。
造作キッチンもいいですが、輸入キッチンという手もあります。
ちなみに現在国内に輸入されてきているキッチンは、アメリカ、カナダ、ドイツ、イタリア、オーストリア、ポーランドなど世界各国から輸入されたキッチンがあります。
施工や値段、メンテナンスの事はおいて、輸入キッチンについて少し勉強してみたいと思います。

【輸入キッチンの特徴】
まずそもそもなぜ輸入キッチンが身近でなく特別な物なのかを少し知っておきたいと思います。
車や電子機器の世界では、海外からの輸入品が当たり前のように身の回りにあります。
ベンツやBMWなんて今や特別な車でもなくなってきていますよね。
キッチンについては、現場的に輸入品を扱いたくない、という事が本音の様です。国産のキッチンと輸入品のキッチンでは、寸法の規格や施工が違ってきます。また収まりの精度も違うので、チョットしたトラブルでもあたふたしてしまうようです。国産キッチンの場合、現場で困ったことがあればメーカーや問屋のスタッフが助けてくれます。またショールームにいけば、プランニング、図面作製、見積もり、設置、メンテナンスまでメーカーに丸投げすることも可能です。
このように国産キッチンに比べると、輸入キッチンはひと手間かかることが分かります。

【輸入キッチンのデメリット】
また施工実績が少ないので輸入キッチンに関する情報が少ないことも、消費者・業者ともにデメリットとなっています。
輸入キッチンは500万円以上して高い、と思っている方も多いようですが実際のところは200万円から300万円が売れ筋になっているようです。I型、L型キッチンなど形式は国内とほぼ同様の展開になっています。輸入キッチンの特徴は、輸入家具からも感じられるようにシンプルなデザインの中に使いやすさがあることです。
国産のキッチンには無いデザインは、とっても斬新です。個人的にはイタリアのDada社がかっこいいと思っています。イタリア製キッチンでイタリアンを作る男子なんてどうですか?

【キッチンリフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々なメーカーのキッチンの取り扱いや、リフォームの施工を行わせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただきますので、キッチンリフォームをお考えの方はいつでも弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【人気】真鍮製のキッチンでこだわりの料理を

【キッチン】ガスコンロ設置をDIYする方はご注意ください

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【人気】真鍮製のキッチンでこだわりの料理を

キッチン
【モテ系のキッチンとは】
「女性も惚れる、男のキッチン」こんなキーワードが世間では注目を集めています。
今までキッチンというと実用面が重視されてきていましたが、今はファッション的な要素が大きくなっています。
個人的にはどんなキッチンでも料理がうまいかどうか、家事が楽かどうか、が重要にも思うのですが勉強的にモテ系のキッチンを少し学習してみます。

【本物志向のキッチンが人気です】
異性がいいなと思うキッチンは、プロ的なキッチンや無骨で荒々しく素材感のあるキッチンなど住宅設備メーカーから供給されているキッチンではないスタイルの方が好ましいことが分かります。どうもこうした動きは日本だけでなく、海外でも同じ様です。
モテキッチンのポイントは家々の作りを理解することが重要になりますが、注目のポイントは「真鍮」の様です。真鍮というと柔らかくて住宅設備には不向きな様なイメージもありますが、実は耐食性も高く、キッチンの面材として適しています。使い込むほどに表面が変色して味のあるキッチンを演出できる特徴もあります。
ただし、真鍮は高いので経済的なデメリットがあります。

【キッチンの配置も重要です】
キッチンの配置は、オープン型の対面やアイランドよりもL型やI型キッチンの方がモテキッチン的には好ましいようです。もちろん間取りやリビングの設計によって、このあたりは臨機応変に考える必要があるポイントになります。
冷蔵庫の選定と目隠しもモテキッチンには重要なポイントになってきます。近頃の冷蔵庫はデザイン的にもかっこいいですが、側面や後ろは頼りないものです。そうしたところはできるだけ視界に入らない方がかっこいいので、リフォームでうまく隠してあげる必要があります。

【キッチンの床にもこだわりを】
あとはキッチンの床です。人気は石やタイルなどのハード系になります。ちょっと費用はかかりますが、耐久性は高いのでカッコよさと合わせて考えるとお得な床になると思います。
あとは照明、収納、調理器具、ファッションと一緒でトータルでバランスを整える必要がありますので、予算配分に注意する必要があります。

【キッチンリフォームは弊社にお任せください!】
弊社では様々なキッチンに関するリフォームのご相談に多数乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたキッチンリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、キッチンリフォームをお考えの方はいつでもお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【節約?】ミニバー設置で自宅飲みが楽しくなります!

【キッチン】電磁調理器(IH)選びのポイントをご紹介!

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【節約?】ミニバー設置で自宅飲みが楽しくなります!

バー
【ミニキッチンやミニバーが人気です】
近年はライフスタイルも多様化して、ミニキッチンやミニバーを寝室、プライベートルームに設置される方も増えてきています。新築をはじめ、リフォームでもこうした家づくりは行われています。
一昔前は、マイホームで欲しい物というと書斎が多くありましたが、最近ではホームシアターや地下室、バーなど娯楽的な空間を求める傾向にあります。
家の外で娯楽を楽しむより、家で娯楽をする方が安心する家族もいらっしゃるでしょうし、時間を無駄にすることなく自分のペースで楽しめる特徴もあります。

【ミニバーのコストパフォーマンス】
特にバーなどお酒は、外に飲みに行くと高くつきます。飲みに行くところもよりますが、家飲みと外飲みを比べると5倍から8倍はコストが違ってくるのではないでしょうか。
60歳ぐらいになると、家一軒分を酒に使ったという人も珍しくないと思います。男性陣は武勇伝的にお金をたくさん使った事を自慢しますが、当人以外の他の家族は決していい様には思わないと思います。
家族にお酒が好きな方がいる場合は、バーのセッティングも考えたいですね。チョット資金面で余裕のある方は、ウィンセラーや生ビールのセットも置いてしまえば気軽にホームパーティーを楽しめますよね。
リビングでホームパーティーを楽しむのもいいですが、チョット違う雰囲気のマイホーム・バーもいいですよね。

【ミニキッチンやミニバー設置のポイント】
リフォームでバーを設置する時は、排水管が取れるかどうかがポイントになってきます。
建物の1階にセットする場合は、だいたいの場合で大丈夫ですが2階にセットするとなると、1階天井と2階床面の間に十分な隙間が無い事があります。
また2階バーの下がおばあちゃんの寝室だったりすると、ミニキッチンの排水音がうるさくあります。
家族の理解を得るためにも、他の家族に迷惑のかからない様に努力する必要がありますね。
ちなみに女性陣は、露天風呂やパウダールームがマイホームに欲しい、と言われています。
男性は書斎などがあるのに女性の部屋はない、というのはどうも不公平なようですね。

【ミニキッチンやミニバー設置リフォームのご相談は弊社まで!】
弊社ではミニキッチンやミニバー設置のご相談にも乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますのでリフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【バリアフリー】高齢者向けキッチンの魅力をご紹介致します

【大人気】大理石を使ったリフォームの魅力と種類をご紹介!

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【キッチン】ガスコンロ設置をDIYする方はご注意ください

ガスコンロ
【ガスコンロをDIYする際の注意点】
最近はインターネットやホームセンターでなんでも手に入る時代になってきています。住宅設備も例外ではなく、ガスコンロやガス給湯器なども一個人が格安で購入できるようになっています。
またDIYブームもあり自分で自分の家を作る、という趣向が強くなってきています。
ここで専門家としては、事態がエスカレートして事故が起きないか心配するところもあります。
特にガス器具の交換については、甘く見ていると大変な事態を引き起こす事態になりかねないと考えられます。
基本的に住宅用ガス器具を交換するには「可とう管工事・内管工事」の資格が必要になります。器具の取り換え時には、まず元の機械を外す前に既設管のガス漏洩検査が必要になります。万が一、ガスが漏れている場合は漏れを直すまでは機械の交換を行う事ができません。
ガス漏洩検査後、漏れがなければ新しい器具に交換し、再度ガス漏れチェックを行い工事完了となります。ちょっと器用な方は、こんなもの自分でできる、と思いがちですが、案外心の奥底で「大丈夫かな」と残りやすいものです。
小さいストレスを抱えるよりは、安心を手に入れる方が毎日を楽しく過ごせそうですね。
最近のガスコンロはビルトインガスコンロがほとんどで、簡単に交換できないものも増えていますので、不安な方は弊社までお気軽にご相談下さい。

【ガスコンロ選びのポイント】
新築やリフォームでビルトインコンロを新調する場合は、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
よく火力の調整で火力調整のつまみをかがんでみたり、火加減をかがんでみたりしますが、それは過去の話です。ビルトインタイプを選ぶ時は、上からでも火力や操作が簡単に正確に行える物を選ぶ方が、使いやすくあります。イチイチかがんでいると、疲れますよね。
意外と見落としがちなポイントとしては、グリルの排気口があります。コンロの奥側に排気口は設けられていますが、清掃性や落下性など注意深く観察しておく必要があります。

【ビルトインガスコンロの取付や交換のご相談は弊社まで!】
弊社では様々なキッチンに関するリフォームのご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますのでお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

千葉リフォームブログ関連記事:

【キッチン】電磁調理器(IH)選びのポイントをご紹介!

【お風呂】便利な「自動ぶろ」機能はリフォームで追加することが可能

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【キッチン】電磁調理器(IH)選びのポイントをご紹介!

コンロ
【電磁調理器(IHクッキングヒーター)のバリエーション】
電磁調理器(IHクッキングヒーター)も現在多様な種類が販売されており、どの機種が適当か判断に悩まれる方も多いと思います。
コンロ自体の幅の問題もありますし、操作方法や火力の組み合わせ、メーカーなどいろいろ考えると、選ぶだけで大変な作業かと思います。

【電磁調理器選びのポイント】
まず一つは小口の火力はラジエントをお勧めします。理由は炙りができるからです。炙りといってもガスとは違うので、対象となる食材が限られますが“のり”を炙ったりするのに最適です。また他の2つの火力はできれば3.0kwなど大容量の選定をお勧めします。容量が大きい方が調理にも余裕が持てます。操作方法については、タッチパネルがお勧めです。コンロ自体もスッキリ見えますし、上からの目線で火力や調理方法を選択できるので、つまみ式・ダイヤル式みたいにどれぐらいかな、と覗きこんで確認しなくても済みます。ただし、タッチパネルが濡れていたりすると反応しない場合があるので、そのあたりは慣れになってくると思います。

【メーカー選びのポイント】
メーカーについては、各メーカーそれぞれに特徴のあるIHコンロを出しているところに注目すると、お目当てのコンロが見つかると思います。
グリルが大容量のメーカーやオート調理機能が豊富なメーカーなどいろいろあります。国内のメジャーな三菱やパナソニック、日立などであれば全く支障ないと考えられます。

【200Vか100Vか】
基本的にIHは200Vになりますが、100Vタイプも販売されているようです。確かに既存の電力環境で利用できるメリットはありますが、パワーが弱く、おそらくほとんどIHの恩恵を受けられないと思います。
すこし面倒かもしれませんが、200Vで利用することがお勧めです。
キッチン全体のリフォームに合わせなくても、コンロのみの交換も可能です。調子の悪くなったコンロは安全上よくないので、なるべく早めの交換をお勧めします。ガス会社によってはガスコンロを安くリースで貸してくれるところもありますのでリースも検討してみてはいかがでしょうか。

【キッチン回りのリフォームは弊社にお任せください!】
弊社ではキッチン回りに関する様々なリフォームのご相談に乗らせていただいております。
お客様のご要望やご予算に応じたリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、お気軽に弊社までご相談下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

IHクッキングヒーターの魅力や注意点をご紹介致します

【見積無料】千葉県でキッチンリフォームをお考えの方は弊社まで!

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

【見積無料】千葉県でキッチンリフォームをお考えの方は弊社まで!

キッチンリフォーム
【システムキッチンのバリエーション】
一般住宅向けシステムキッチンのスタイルとしては、5種類のスタイルがあります。
I型、L型、対面型、U型、アイランド型になります。
作業する台や流し、コンロなどは大きくは変わりませんが、どこにキッチンがあるかで作業性や家事動線が変わり、また家族の人数やライフスタイルによって食器の量や調理器具の量も変わってきます。
もちろん、システムキッチンの型によって収納力も変わってきますので、リフォームで何を優先するかによってもキッチンの型は変わってきます。

【各キッチンの収納力】
恐らく一番収納力がある型は「L型」になります。
字の通りL型にキッチンが壁際に備え付けられており、広範囲の面積をキッチンスペースが占めるようになります。少し前の高級な住宅ではL型キッチンがよく取り付けられていました。
次に収納力が高いキッチンとしては「対面型」があります。
対面キッチンの場合は、シンク部分背後に大型の食器棚を設けられる特徴があります。収納力と作業環境、空間力等バランスのとれたキッチンと言えるでしょう。
一番収納力が乏しいキッチンと言えば「U型」と「アイランド」でしょう。
キッチンの構成にもよりますが、この2つのスタイルの特徴としてはキッチンスペースに独立したテーブル(作業台)があることが考えられます。独立したテーブルの上にはつり棚など設けることはできませんし、この開放的な空間を活かそうと思うと必然的に高い収納棚が設置しにくくなり、その結果、収納力が低くなってしまいます。機能よりもお部屋のデザインやキッチンの作業環境を優先する時に、この2つのスタイルはいいかもしれないですね。お行儀がいいか悪いかは別にして、キッチンの種類によっては作業台がダイニングテーブルにもなります。
対面型(対面カウンターキッチン)やアイランド、U型ではカウンターチェアを用意すれば軽食を取ることができます。忙しい朝なんかは、ぱぱっと料理してぱぱっと食べて、片付けられるので効率的にはいいキッチンになってきます。

【キッチンリフォームのご相談は是非とも弊社まで!】
弊社では様々なメーカーの様々なタイプのキッチンの取り扱いを行わせていただいております。
お客様一人一人のご要望やご予算に応じたキッチンのリフォームプランを無料にてご提案させていただいておりますので、キッチンのリフォームに関するご相談は是非とも弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

千葉リフォームブログ関連記事:

【バリアフリー】高齢者向けキッチンの魅力をご紹介致します

オーダーメイドキッチンの魅力と注意点をご紹介致します

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

サイドバー2


上に戻る
お問い合わせはこちら

千葉ケアフルリフォーム
【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
TEL.
0120-017-246

【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

千葉県内のリフォームの事はいつでもお気軽にご相談下さい

安心価格で千葉県内のリフォームを丁寧にご提供させて頂きます!
千葉県内で一戸建てやマンション、店舗の内装工事やビルのリノベーション工事まで幅広いリフォームを安心の明朗価格でご提供しています。
是非他社と比較検討下さい!お安くしっかりとした施工内容で満足の行く施工をお約束致します。
ハイクラスなリフォーム、リノベーション業者を千葉県でお探しなら是非ご一報ください!

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室
会社のご案内個人情報の保護について | サイトマップ | ご相談・お問合せ
© 千葉 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.