千葉 リフォーム
ケアフル電話番号 ■サイトマップ

『介護リフォーム』タグの付いた投稿

老後の事も考えて収納リフォームを行うポイントまとめ!

老後を考えた収納リフォーム
長い間一つの住まいに住んでいると、モノや服がたまって、収納に悩んでいる方も多いと思います。リフォームに合わせて収納を見直すことも多いですが、多くの方が重要な事を忘れていたりします。

それは「年齢」を考えた収納づくりです。

収納のリフォームも老後の事を考えて行なおう!

リフォームを行う時、10年20年先の事をみて計画を練るので、居住スペースのバリアフリーは意識しますが、収納部分のバリアフリーは充分ではない事が多いのです。

収納位置が手の届き辛い様になっていたり、持ち上げ辛い仕様になってたり。 (さらに…)

【バリアフリー】今注目されている介護リフォームとは

手すり
親と同居したり、もしくは家族の中で体調を崩して介護を必要とする場合などには、よく「介護リフォーム」が行われます。

【介護リフォームの魅力】
これは毎日の生活の中で介護する方もされる方も、気持ち良く生活するために必要な方法として注目されています。
リフォームに要す費用も各自治体からの補助金や介護保険で補てんすることができ、割安にリフォームを行うことができます。

【主な介護リフォーム】
介護リフォームの主な内容は、「段差解消バリアフリー」「手すりの取り付け」「扉の張替え」「滑り止め」「洋式トイレへの変更」があります。
これらは通常個別に行うのではなくて、一度に行うケースの方が多くあります。
要介護者の状況にもよりますが、手すりなどは廊下やトイレ、お風呂などに限らず玄関や門などいたるところに必要になってきます。
また扉の張り替えは、通常押し戸から引き戸に変更します。押し戸では、どうしても開け閉めの際に体に負担がかかりやすくあります。それに比べて、引き戸は手の操作だけで戸を開け閉めできるので便利な仕様です。
トイレについては、当然和式では足腰に負担が多くかかります。洋式便所は、椅子と同じような間隔で使用できるので足腰への負担が少なく、高齢者をはじめ足腰が弱っている方には有効な設備です。
中には和式トイレをそのままにしておいて、かがむ時にバランスを崩してこけて怪我をしたという事故も時々耳にします。
事故が起きる前に環境を整えておきたいですね。なお、トイレのリフォームに伴って、トイレ内にも手すりが設けられます。手すりを取り付ける分、今までのトイレルームより狭く感じがちになります。タンクレストイレなど小型なトイレも活用して、安全で使いやすい空間を作ることが必要ですね。
他には、お風呂でのヒートショック現象を防ぐためにも、浴室暖房機やセントラルヒーティングの検討も必要かもしれません。
浴室暖房はお風呂だけに対して、セントラルヒーティングは廊下やトイレ、お風呂も家の中すべてを暖かくしてくれているので安心ですね。
弊社では様々なバリアフリーに関するリフォームや介護に関するリフォームにも対応させていただいておりますので、これらのリフォームをお考えの方は是非一度弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
お客様のご予算やご要望に合わせたリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

千葉リフォームブログ関連記事:

バリアフリーな家造りのご提案

高齢者に適した住宅リフォーム

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

高齢者に適した住宅リフォーム

高齢者に適した住宅のリフォームを検討するシチュエーションは、3通りあると思います。一つは、高齢者の親が同居するようになった場合です。もう一つは、高齢者の親が病院などから退院してきて、家の環境を変える必要があるときです。最後に、中古住宅を購入して、高齢者用に売却、もしくは賃貸で運用するケースが考えられます。必要に迫られてリフォームを行う場合と、そうでない場合が考えられます。しかし、一般的には必要に迫られてリフォームを行うケースの方が、多いようです。

高齢者でも住みやすい家づくりというのは、高齢者主体で仕様設計を考える必要があります。どうすれば高齢者の人がストレスなく暮らせるかとしっかり考える必要があります。よく高齢者の場合は、寝室の近くにトイレがあった方がいいと考えがちです。
しかし、中にはきれい好きでトイレの臭いが嫌な人もいるでしょうし、食事を自分の部屋で取る高齢者の場合はトイレがすぐ近くにあるというのも気持ち悪いケースがあります。中には、台所で簡単な調理をする高齢者の方もいると思います。
最近では、ガスコンロにもセンサーが付いていますので一定の安心感はありますが、もしキッチンもリフォームするなら高齢者でも使いやすいような物を考えると、みんなで楽しく利用できます。
椅子に座って調理できるキッチンも販売されていますし、換気扇もコンロの手元のスイッチでオンオフを操作できる物も販売されています。高齢者に対して過保護になるのではなく、自分でできることはしてもらう方が本人にとっても好ましい傾向があるようです。
住宅用火災警報機は、寝室や階段の取り付けが通常ですが、念の為、キッチンにも熱感知式の火災警報器を設置しておくと安心できそうです。

高齢者といっても体格や障害、病状、性格は様々なので、決まりきったリフォームを行うのではなく、柔軟に対応する方が快適な暮らしを実現できそうです。

千葉ケアフルリフォームブログ関連記事:
バリアフリーのリフォームは大切なんです
古民家のリフォームで気を付ける事

バリアフリーのリフォームは大切なんです

本日はバリアフリーのリフォームの大切さやポイントについてご案内致します。

日本は高齢化社会が進んでいますよね。これから先、ますます高齢化すると言われています。老人ホームが増えるなか、体が自由な人は自宅での暮らしを選ぶ場合が多いです。
しかし、今まで通りの自宅では満足に生活できないという人もいるでしょう。年齢が高くなるとどうしても膝が痛くなってしまったり、うまく歩けなくなったり、少しの助けが必要になってくるものです。

そんな少しの助けを、リフォームで実現してみませんか?バリアフリーリフォームすることで、年齢の高い人でも暮らしやすい家を作ることができます。例えば、杖を使わなければ歩けないようなお年寄りも多いですよね。そのような人の場合、手すりがあると本当に楽に家の中を歩くことができます。家の中でまで杖を使わなければならないとなると、あちこちで不自由を感じなければなりません。
廊下に手すりがあったり、トイレに手すりがあったり、浴室に手すりがあると導線が楽になり、体に負担を賭けることなく毎日の生活を送れるようになるでしょう。

特にトイレは、立ち上がりが激しいのですから和式よりも様式にしなければなりません。
古い家では和式のトイレが多いですが、幾ら慣れているとは言え体に負担を賭けることは間違いありません。様式のトイレでさらに手すりリフォームをしたり、便座が自動的に上がったり下がったりするリフォームをする事で、トイレに行くのが面倒ではなくなります。

バリアフリーリフォームは、お年寄りだけの問題ではありません。お年寄りと一緒に暮らす家族にとっても、大きな問題になってくるのです。高齢化社会が進む中、介護問題は社会化しているといえるでしょう。大切な両親だったとしても毎日の介護本当に大変ですし、絶対的にストレスがかかってしまいます。
そのせいで、家庭内虐待が起きてしまうようなことだってあるのです。
介護してもらっている方だって、相手にストレスがかかっていれば辛い思いをしなければなりません。

そんなお互い辛い思いを払拭するためにもバリアフリーリフォームは大事です。

当社でも多様なバリアフリーのリフォームをそろえております。
いつでもお気軽にお問合せ下さい。

お問合せダイヤル; 0120-017-246

お問い合わせはこちら

在宅介護をしやすくするためのリフォーム

本日は在宅介護をしやすくするためのリフォームをする際に気を付けたい事についてご紹介致します。

在宅での介護を行う時に一番多い問題は、要介護者の在宅する建築物の間取りによるトラブルが最も多い要因となってます。寝たきりの老人を介護する場合には、住宅にある一定以上のスペースを確保する余裕が無いといけません。

何故なら寝たきり老人を寝かせるための専用ベッドは、その構造上通常のベッドよりも大きいので、そのベッドが入るだけのスペースと食事などの世話をする家族やヘルパーが作業をするスペースが必要になってくるからです。
このような寝たきり老人のいる家庭で、介護用の特殊なベッドを設置するスペースが無いからといって、通常のベッドや畳に布団を敷いただけの状態で介護をすることは床ずれの発生などの原因となる場合があるので、リフォームをして寝たきり老人用の専用ベッドを設置できるスペースを確保したほうが、効率的で快適な寝たきり老人のケアのためにも有益な結果をもたらすことになります。

リフォームをする場合には部屋ごとの床部分を車椅子で移動しやすいように段差が無いように改築したり、お風呂などの入り口や風呂場そのものの拡張工事も同時に取り掛かったほうが、その後の介護生活においての質の向上や寝たきり老人の快適な暮らしを実現する上での大きな手助けとなります。

また寝たきりの状態でなくても、生活をする上で家族やヘルパーの手助けが必要な老人が在宅している場合でも、自宅のリフォーム作業は必要な場合があるので、ケアマネージャーとも綿密な相談や詳細な打ち合わせを行いながら、リフォーム作業の方針を決めていったほうが良いでしょう。

最近では寝たきり老人などの住む住宅のリフォーム作業を、格安で行ってくれる建設業者も増えてきていますので、そのような格安業者に自宅のリフォーム工事を依頼してみるのもひとつの解決策でもあります。これからの日本社会は高齢者社会を迎えて、老人が住みやすい住宅への改築工事の需要が年々高まっていくと言われています。

介護リフォームの補助金

これから介護リフォームを行うという方は、その時に補助金を利用することが出来る場合もあります。
なので一度その家が建っている地域の制度についてよく調べるようにしましょう。例えば一般的な介護用手すりを付けたり、床を畳からフローリングに変更するといった工事の場合、介護保険を利用することが出来る場合もあります。 

その保険を利用すれば現在は最高で20万円まで補助金が出るようになっています。介護用リフォームの場合、工事を伴う手すりを数本取り付けるだけで数万円はしますが、それを利用すれば実質数千円の負担で取り付けることが可能になります。 
その為、そのような国の補助金制度をうまく利用して、支出を減らしていく事が大切です。 

さらに、地方自治体によっても独自に補助金制度を設けているところもあります。例えば千葉県の浦安市ではその20万円とは別に、条件によっては50万円もの助成金を利用することが可能です。 
また、保険を利用した場合の補助金についてですが、償還払いと受領委任払いというものがあります。 
償還払いというのは初めにリフォーム代金を全て支払ってから、国の手続きを行いあとからその9割が戻ってくるというものです。これに対し受領委任払いは、初めから1割負担の金額分だけ支払えば工事が出来るというものです。

住宅のリフォームを行う際には受領委任払いを利用すれば、大金を一括で用意しなくても良いというメリットがあります。この償還払いと受領委任払いの違いは、地方自治体によって制度が異なってきますので、それらも事前に調べておくと良いでしょう。意外にこれらの制度を知らないという方は多いです。
ですので、要介護認定が出た高齢者様が住んでいらっしゃるご家庭の方は、ケアマネージャーに相談するようにして下さい。 

リフォームとケアマネージャーは関係ないように思われますが、国の補助金を利用する際には切っても切れない関係になります。これから介護がらみのリフォームを行う方は、まずケアマネージャーさんに相談されることをお勧めいたします。

サイドバー2


上に戻る
お問い合わせはこちら

千葉ケアフルリフォーム
【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
TEL.
0120-017-246

【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

千葉県内のリフォームの事はいつでもお気軽にご相談下さい

安心価格で千葉県内のリフォームを丁寧にご提供させて頂きます!
千葉県内で一戸建てやマンション、店舗の内装工事やビルのリノベーション工事まで幅広いリフォームを安心の明朗価格でご提供しています。
是非他社と比較検討下さい!お安くしっかりとした施工内容で満足の行く施工をお約束致します。
ハイクラスなリフォーム、リノベーション業者を千葉県でお探しなら是非ご一報ください!

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室
会社のご案内個人情報の保護について | サイトマップ | ご相談・お問合せ
© 千葉 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.