在宅介護をしやすくするためのリフォーム

本日は在宅介護をしやすくするためのリフォームをする際に気を付けたい事についてご紹介致します。

在宅での介護を行う時に一番多い問題は、要介護者の在宅する建築物の間取りによるトラブルが最も多い要因となってます。寝たきりの老人を介護する場合には、住宅にある一定以上のスペースを確保する余裕が無いといけません。

何故なら寝たきり老人を寝かせるための専用ベッドは、その構造上通常のベッドよりも大きいので、そのベッドが入るだけのスペースと食事などの世話をする家族やヘルパーが作業をするスペースが必要になってくるからです。
このような寝たきり老人のいる家庭で、介護用の特殊なベッドを設置するスペースが無いからといって、通常のベッドや畳に布団を敷いただけの状態で介護をすることは床ずれの発生などの原因となる場合があるので、リフォームをして寝たきり老人用の専用ベッドを設置できるスペースを確保したほうが、効率的で快適な寝たきり老人のケアのためにも有益な結果をもたらすことになります。

リフォームをする場合には部屋ごとの床部分を車椅子で移動しやすいように段差が無いように改築したり、お風呂などの入り口や風呂場そのものの拡張工事も同時に取り掛かったほうが、その後の介護生活においての質の向上や寝たきり老人の快適な暮らしを実現する上での大きな手助けとなります。

また寝たきりの状態でなくても、生活をする上で家族やヘルパーの手助けが必要な老人が在宅している場合でも、自宅のリフォーム作業は必要な場合があるので、ケアマネージャーとも綿密な相談や詳細な打ち合わせを行いながら、リフォーム作業の方針を決めていったほうが良いでしょう。

最近では寝たきり老人などの住む住宅のリフォーム作業を、格安で行ってくれる建設業者も増えてきていますので、そのような格安業者に自宅のリフォーム工事を依頼してみるのもひとつの解決策でもあります。これからの日本社会は高齢者社会を迎えて、老人が住みやすい住宅への改築工事の需要が年々高まっていくと言われています。

千葉のリフォーム会社ケアフルが格安な理由

※千葉県内全域対応 ※繁栄期等は一部のエリアではお受けする事が難しい事もございます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA