プレハブの屋根の修理の重要性

今日の千葉リフォームブログは、プレハブ建物の屋根の修理の受容性やその方法についてご案内致します。

住居用の屋根に比べて、プレハブの屋根は後回しに考えがちです。その結果、屋根板が錆びて穴があいたり、屋根がずれて雨漏りの原因になります。
雨漏りが起きれば、プレハブの中に置いている荷物は、被害を受けますし、プレハブの構造体も腐食する恐れがあります。また屋根の固定が不安定になってきて、突風や台風などで屋根が飛んでいく可能性もあります。
万が一、人に当たったり、車などにあたれば甚大な被害が発生します。

プレハブの屋根は、平屋根が多く屋根の状態が分かりにくいですが、定期的に屋根の状態をチェックすることも必要です。
それで雨漏りもしくは、目視で傷みがあるようでしたら屋根の修理が必要になります。
修理の方法としては、補修+塗装、カバー工法もしくは屋根の葺き替えになります。補修+塗装は、比較的軽度の腐食時に活かされます。カバー工法は、今の屋根の上に新しい屋根を設置します。工期は、一般的に2,3日で完了します。
ただし、屋根の損傷が激しい場合や屋根の下地も損傷・腐食している場合は、葺き替えが必要になります。

屋根の葺き替えは、古い屋根を撤去し、下地から工事を行います。そして防水シートを貼り、トタン屋根を葺きなおします。傷んだ部分は、撤去していますので安心度は高いと思います。

プレハブの屋根の修理と併せて検討しておきたいものに、遮熱塗料の施工があります。
屋根の表面に遮熱塗料を塗って、部屋の中の温度上昇を妨げる効果が期待できます。塗料のグレードにもよりますが、10度近く室内の温度上昇を防ぐことができるケースもあるようです。
プレハブ内は、夏場は暑く、冬は寒く過酷な環境です。エアコンをかけても昼間は涼しくならないケースもあるようですが、遮熱塗料を施すとエアコンの効きがよくなり、室内環境がよくなります。事務所や工場としてプレハブを使っている場合は、スタッフの生産性も増し、業績アップに期待できます。
遮熱塗料の施工費用は、塗料と塗装面積によっても変わってきますが、だいたい20万円から50万円程度で収まるようです。

こういったプレハブ部分の工事もケアフルでは随時請け負っております。
安心価格のお見積りをお出し致しますので、いつでもご連絡下さい。

千葉のリフォーム会社ケアフルが格安な理由

※千葉県内全域対応 ※繁栄期等は一部のエリアではお受けする事が難しい事もございます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA