プレハブ工法の家のリフォームをする際の注意点

建設現場
積水ハウスやダイワハウス等で建築された家は、リフォームの際にどこにお願いしようか悩まれると思います。
ハウスメーカーのほとんどは、プレハブ工法で作られています。
厚さ6mm以下の鋼材を用いた構造体で、設計したメーカー以外はなかなかリフォームの行いにくいものです。
しかし、構造的な部分に手を入れないことによって、ハウスメーカー以外のお店でリフォームを行うことも可能になっています。

【構造的な部分をいじらないリフォームとは】
お風呂のリフォームや洗面、トイレ、床のリフォームといったところです。
ハウスメーカーにリフォームをお願いすると、どうしても割高になってしまいます。
低予算でリフォームを行いたい人は、参考にしてみて下さい。
ハウスメーカーに対して後ろめたい気持ちがあれば、いい訳を考えておくと安心できます。
例えば「親戚がリフォーム店に就職した」とか「学区の人に工務店がいて」など考えておくと、ハウスメーカーに対しても堂々としておくことができます。

【プレハブ工法の家の間取り変更】
プレハブ工法のリフォームでネックになることは、価格以外に間取りの変更があります。
リフォームを行うとなると、リビングを広くしたい、トイレを広くしたい等、お部屋の間取りを変えることを希望される方も少なくありません。
こうした工事は、専門の技術とノウハウが必要になりますので、家を建てたハウスメーカー以外ではなかなか手が付けにくいものとなっています。
また積水ハウスは、建物によってキッチンなどのサイズを専用サイズにしています。
こういうケースも積水ハウス以外では手が付けにくいものとなっております。

【プレハブ工法の家の寿命目安】
プレハブの経済的耐用年数は、40年から45年が一般的です。
築年数が20年、30年になると、どうしてもデザインが古臭かったり、外観も傷んできますが、リフォームによってよみがえらすことができます。
長く快適に暮らしていくためには、2度や3度のリフォームは必要になってきます。
住宅ローンが残っている場合でも、リフォームローンを利用できるケースはありますので、積極的に活用することができます。
プレハブ工法の家で格安でリフォームをしたいとお考えの方は是非一度当社までご相談下さい。
大手メーカーには負けない高品質低価格なリフォームプランを無料にてご提案させていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

プレハブ工法の家のリフォームをする際の注意点” に対して1件のコメントがあります。

  1. 田中 より:

    大手のハウスメーカーの家が特殊だってのはプレハブ工法だからなんですね。
    為になります。

  2. 幡本 より:

    大手のハウスメーカーの家ならではの悩みですね。
    残念ながらうちは関係ないみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA