【断熱】グラスウールの魅力と注意するべき点

グラスウール
【断熱材「グラスウール」の魅力】
住宅用断熱材として有名な材料に「グラスウール」があります。
グラスウールは、廃車などからでるガラスを主原料として、無機繊維系の不燃性材料として、住宅用断熱材として広く利用されています。
グラスウールのようなガラス繊維の技術は古くからあり、紀元前2000年ごろの遺跡からもガラス繊維の装飾品が見つかったと言われています。
推定ですが、当時はドロドロに溶かしたガラスを棒の先端に付けて引き延ばして作られたと言われています。
その後、20世紀に入り第1次世界大戦のときに石綿を仕入れられなくなったドイツが、石綿に代わる物としてガラス繊維の工業化に成功したようです。その後は、アメリカをはじめ日本国内でも断熱材として、ガラスの繊維事業が本格的に始動してきました。

【グラスウールの種類】
現在住宅用に販売されているグラスウールは、大きく分けると3種類に分けられます。「住宅用グラスウール」「高性能グラスウール」「吸込用グラスウール」になります。
またそれぞれのグラスウールの中でも繊維の密度などによって、断熱性能は異なり10K、16K、24K、36Kなど種類が分かれています。
グラスウールに種類があることをご存じない方もいらっしゃいますが、寒冷地などで施工する場合は少し気をつけておく必要があります。
尚、グラスウールは壁や天井に主に利用される断熱材になります。
グラスウール自体は、ガラスの繊維質で吸い込むと危険ですが、通常はビニール袋で保護されているので安心です。
また施工の際にグラスウールが濡れて不安、という意見も時々聞きます。
確かにグラスウールが湿気ているとカビなどの発生リスクがあります。
その点も気を付ける必要はありますが、それ以上に内部結露を理解しておくことも必要です。
キチンと断熱材が均一に施工されていないと、グラスウールとグラスウールの間に隙間ができると結露が発生する時もあります。
その結露が原因で、カビや躯体の腐食につながってくるので一応、壁や天井を貼っていく前に確認しておく方が安心できます。

グラスウールには防音、断熱などに効果的なものですので、ご自宅の断熱化や防音化をお考えの方は是非一度弊社までご相談いただければと思います。
お客様のご要望やご予算に合わせたリフォームプランをご提案させていただきます。

0120-017-246

【メールフォームからのご相談は下記ボタンから】

ケアフルリフォーム

【本社】
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階
【柏支店】
〒277-0852 柏市旭町4-7-5 旭町ビル2F
【八千代支店】
〒276-0032 八千代市八千代台東1-40-6 1階

TEL.0120-017-246
■建設業許可番号:千葉県知事許可(般-30)第52900号
戸建てリフォームの事例 マンションリフォームの事例

【断熱】グラスウールの魅力と注意するべき点” に対して1件のコメントがあります。

  1. わさび より:

    グラスウールっていろいろべんりですけど、小さいときにさわってチクチクして困りましたよ!あの黄色いの!

  2. たなか より:

    防音にもなるならグラスウールって完璧じゃないですか!
    検討しようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA